FOLLOW US

UPDATE|2019/12/21

SKE48 10期生11人が初お披露目、ドキュメンタリー番組の放送も決定

(C)2019 Zest,Inc.

SKE48が21日(土)、名古屋のSKE48劇場にて10期生11人を初お披露目した。


チームE「SKEフェスティバル」公演開演前、SKE48劇場支配人兼キャプテンの斉藤真木子がステージに登場。「今日はこの時間をおかりしまして、SKE48 第10期生のご紹介をさせていただければと思います」と10期生を呼び込んだ。

11人は1人ずつファンに向かって挨拶。最年長・20歳の青木莉樺は「客室乗務員を目指す学校に通っていたので、いつか皆様の目の前で披露できたらいいなと思っています」と意気込み、最年少・10歳の林美澪は「48グループ最年少、ダンスと小学校が大好きです。『FRUSTRATION』をためず『前のめり』に頑張ります」とSKE48の楽曲タイトルを取り入れて挨拶した。

また、10期生オーディションの様子を追ったドキュメンタリー番組『青春の宝石 ~SKE48 10期生オーディション~』が12月26日(木)深夜、テレビ東京で放送されることも決定。ナレーションは来年3月での卒業を発表している高柳明音が担当する。

来年1月15日に発売されるSKE48 26枚目のシングル『ソーユートコあるよね?』劇場盤には10期生が歌う『渚のイメージ』も収録される。11人の詳しいプロフィールはSKE48オフィシャルサイト内(http://www.ske48.co.jp/profile/list.php)にて公開されている。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事