FOLLOW US

UPDATE|2019/12/24

若月佑美が再びトップアイドルを目指す? 来春放送「ドラマW 父と息子の地下アイドル」へ出演決定

若月佑美

若月佑美が来年2月23日(日)より放送されるWOWOWのドラマ「父と息子の地下アイドル」に出演することが決定した。


乃木坂46を卒業後、NTV「今日から俺は!」や映画「シグナル100」など話題作に出演し存在感を発揮している若月佑美。新たに出演するドラマ「父と息子の地下アイドル」は、2018年度WOWOW新人シナリオ大賞の大賞に輝いた話題の作品だ。

若月は地上を目指して奮闘する地下アイドルグループ「オトメがたり」のリーダー・椎奈役を演じる。

今回のオファーについて若月は「素直に嬉しかったです」とコメント。脚本を読んだ印象ついては「まだまだ高校生を演じてみたかったというか…。25 歳の私ですが、若くて青いあの時期ならではのパワーとか無敵さを、出来る限りは出せる女優でありたいと思っていたので頑張りたいなと強く思いました」と語った。

役柄については「(私の)元アイドルという肩書きは誇りでもあり、時には壁として現れてしまったりもするのですが、今回は逆に元アイドルという部分が活かせる役なので、説得力とリアルさが良い方に出るように頑張りたいと思います」と自身の経験に照らし合わせて語った。

最後に視聴者へのコメントを聞かれると「見ていただいた皆様に、夢を信じる力と自分を信じる力ってこんなに強いパワーをもっていて周りの心まで変えていけるんだな、とかそんな風に思ってもらえたらいいなと思っています。素敵な作品をお届け出来るように全身全霊で頑張ります!」と意気込みを語った。

主演は松重豊、そのほかにも井之脇海、今井悠貴、遠藤久美子、鶴田真由、瀧本美織、深水元基ら豪華俳優陣が脇を固める。

▽「ドラマW 父と息子の地下アイドル」
2020年2月23日(日)夜10時
WOWOWプライムにて放送
特設サイト:https://www.wowow.co.jp/dramaw/chika_idol/

▽ストーリー
ひとり息子とは疎遠になり、寂しく暮らしていた高校教師の千堂真澄(松重豊)。かつては生徒に昔ながらの熱血指導をしていたが、今のドライな子どもたちには通用しないと、日々もどかしさを覚えていた。そんなある日、千堂は突然息子の事故の知らせを受け、病室に駆け付ける。すると目の前には植物状態で横たわる息子・勝喜(井之脇海)の姿が。ぼうぜんとたたずむ千堂のもとに派手な衣装を着た3人の少女、椎奈(若月佑美)、怜央(芋生悠)、ひらり(加藤小夏)が突然やって来る。彼女たちは勝喜がプロデュースしている崖っぷちの地下アイドルグループ「オトメがたり」だった。 そんな解散寸前のアイドルの彼女たちの熱意に次第に心を動かされた千堂は勝喜に代わってアイドルプロデューサーになることを決意。息子が目覚めるまでグループを守ろうと、地下アイドル業界で奮闘することになるのだが…。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事