FOLLOW US

UPDATE|2019/12/27

全てはお客さんの拍手をもらうために、“かわいすぎる新喜劇女優”小寺真理の覚悟

撮影/西邑泰和


──『不能ではいられない』では、2ndシングル収録の『やる気のない愛をThank you!』に続いてのセンターですが、RED初の表題曲でプレッシャーはなかったですか?

小寺 まさか連続でセンターを任されるとは思っていなかったのでホッとした分、表題曲でこけたら私のせいだなというプレッシャーはありましたし、自分に後悔がないようにと死ぬ気でダンスの練習をしました。

──前回以上にダンスの難易度も高いですよね。

小寺 前回は私のダンスが力足らずなのもあって、まちゃあきさんを始めとしたダンサーのみなさんが、ダンスの時は前に出て、私たちが歌う時は下がるって構成だったんです。でも今回は振り付けのTAKAHIRO先生から「一切そういう配慮はしません。センターの2人にしっかり前で踊ってもらいます」と言われました。Wセンターの私と池田(直人)君だけではなく、芸人さんが前に出て踊って、ダンサーさんはサポートに回る。ダンスのプロじゃないメンバーが、ここまでやっているんだよって成長したところを見せたいのが『不能ではいられない』ということで、今回は絶対に失敗しちゃいけないと思いました。

──最後に2020年の抱負を聞かせてください。

小寺 出すCDは常に1位でありたいですし、たくさん音楽番組に出て、最終的には紅白にも出て、吉本坂46も坂道の一員だなと認めてもらいたいですね。個人的には、まだ新喜劇で拍手をもらえてないので(笑)。もっとテレビに露出したいなと思います。あと12月から個人トレーナーさんがついて、ボディメイキングをしているので、グラビアや女性誌などのお仕事も増やしたいですね。

▽吉本坂46 3rdシングル
『不能ではいられない』
12月25日発売
AUTHOR

猪口 貴裕

CREDIT

撮影/西邑泰和

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事