FOLLOW US

UPDATE|2020/01/06

「仲良し46」「想像を越えていこう」──乃木坂46が新年早々テレビで掲げた意味深メッセージ

アイドル番組定点観測 第47回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第47回となる今回の観測期間は12月30日(月)〜1月5日(日)。


昨年もミリオンヒットを連発し大活躍だった乃木坂46は、年末年始の歌番組にも数多く出演。12月30日(月)放送『第61回 輝く!日本レコード大賞』(TBS)では惜しくも大賞3連覇こそ逃したものの、12月31日(火)放送『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)へ5年連続出場を果たし、初となる坂道3グループ(乃木坂46・欅坂46・日向坂46)合同でのパフォーマンスを披露して2019年を笑顔で締めくくりました。

そして、12月31日(火)から1月1日(水)にかけて放送された『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2019→2020』(TBS)でキャプテン・秋元真夏が掲げた書き初めには「仲良し46」の文字が。乃木坂46内はもちろん、姉妹グループとも仲良くしていくことが2020年の目標だとか。

そんな「仲良し46」化計画に先駆けてか、12月30日(月)放送『坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜Vol.2』(NHK総合)では、坂道3グループのメンバーがショッピングやピクニックなどを楽しみ親睦を深めていました。それまで交流のなかった与田祐希と原田葵が連絡先交換を約束する初々しいトークもあったりして、ほっこりしましたね。

これらの番組を見て、もしかすると2020年は「坂道シリーズ」としての何か大きなことを見据えているのではないかと感じました。乃木坂46が国内各地でドーム公演を成功させ、欅坂46と日向坂46も東京ドーム公演を開催できるまでになった今、更なる高みを目指すための第一手が坂道シリーズの結束強化なのかな、と。まぁ、あくまで筆者の推測なんですけど。
AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事