FOLLOW US

UPDATE|2020/01/09

TVアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』いよいよスタート、EDは松浦亜弥のあの名曲をカバー

(C)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会

TVアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の放送が1月9日(木)深夜1時28分からTBSにてスタートする。


原作はCOMICリュウwebにて連載中の平尾アウリ氏による同名漫画。アニメ放送開始前ながら既にシリーズ累計発行部数は50万部を突破している人気作品だ。

主人公は岡山で活動する地下アイドル「ChamJam」のメンバー・舞菜を強烈に推す女オタク・えりぴよ。舞菜の素晴らしさを全世界に広めるため、収入のすべてを舞菜に貢ぎオタ活動を続ける彼女とオタク仲間、そしてChamJamメンバーたちの活躍を描いた「推しごとアニメ」だ。

ChamJamの7人は、えりぴよともっと仲良くなりたいのに人見知りな性格から思わず塩対応をしてしまう舞菜を筆頭に、常にメンバーのことを考えグループを精神的に支えるリーダー・れお、上昇志向が強い反面、人気順位に悩みメンバーに複雑な感情を抱く文(あや)など、現実のアイドルグループに本当にいそうなメンバーばかり。
ChamJam

それもそのはず、原作の平尾アウリ氏自身が生粋のアイドルファンで、「釣る」「積む」「ガチ恋」などアイドルオタク界隈の用語も頻繁に出てくる。連載の担当編集もアイドルファンで、タイトル決めの会議はAKBカフェで行ったという念の入れようだ。

アニメのEDテーマはつんく♂が作詞作曲を手掛けた松浦亜弥の名曲『▽桃色片想い▽』(※▽は「ハート」が正式表記)。えりぴよ役のファイルーズあいがカバーする。同曲はChamJamが歌うOPテーマ『Clover wish』とともに1月22日(水)にシングルリリースされることが決定している。


▽TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
<STAFF>
原作:平尾アウリ(徳間書店 リュウコミックス)
監督:山本裕介 
シリーズ構成:赤尾でこ 
キャラクターデザイン:下谷智之/米澤優
CGディレクター:生原雄次 
色彩設計:藤木由香里 
美術監督:益田健太 
美術設定:藤瀬智康
撮影監督:浅村徹 
編集  :内田恵
音響監督:明田川仁 
音響効果:上野励
音楽  :日向萌 
アニメーション制作:エイトビット

<CAST>
えりぴよ:ファイルーズあい 
市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡 楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 水守ゆめ莉:石原夏織 寺本優佳:和多田美咲 横田 文:伊藤麻菜美
くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那

<ON AIR>
TBS:2020年1月9日(木)深夜1:28~
BS-TBS:2020年1月11日(土)深夜2:00~

<配信情報>
TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」FOD独占配信
2020年1月10日(金)配信開始 毎週金曜日6時最新話配信
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5a87/

<COMICS>
「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は『COMICリュウweb』(徳間書店)にて連載中。
第1巻~第6巻が現在発売中。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事