FOLLOW US

UPDATE|2020/01/08

SKE48メンバー5名がメ〜テレ冬の風物詩ドラマに出演 「もし私がSKE48に入っていなかったら…」

(c)メ〜テレ

SKE48の須田亜香里、大場美奈、江籠裕奈、野島樺乃、北野瑠華が、1月27日(月)から放送されるメ〜テレドラマ『名古屋行き最終列車2020』に出演することが決定した。5人が主演を務めるSKE48編は2月1日(土)深夜0時10分から放送される。



『名古屋行き最終列車』は2012年からスタートし、年1回の放送ながら冬の風物詩として定着した人気ドラマ。“1年に1度だけど続きの物語”という特色を持ち、同じ人物設定で物語が進んでいく。

第8作目となる今回は常連キャストの六角精児と声優・花澤香菜に加え、昨年から参加した寺島進、元宝塚のトップスター柚希礼音らも出演。2012年の第1弾から出演していた松井玲奈が昨年で卒業し、今年そのバトンを引き継ぐ形でSKE48メンバー5人が出演する。

「SKE48編」は2月1日(土)深夜に放送され、「5人がもしもSKE48に入っていなかったら」をテーマに物語が進んでいく。出演する須田、大場、江籠、野島、北野と番組スタッフが話し合った上で脚本が制作され、彼女たちの“あったかもしれない人生”がリアルに語られる。

出演後、須田亜香里は「名古屋の歴史ある人気ドラマに私たちが出演できることを知ったときは本当に嬉しい思いでした。そしてSKE48の先輩である松井玲奈さんが育んで来たドラマシリーズなので、この大切なバトンを決して落とすことなく、より素敵な成果を残して私たちも後輩に渡せるようがんばりました。個人的には、今まで伝えられなかった自分の個性を伝えられる!と思って楽しんで演じました。緊張したらそれはリアルじゃないと思うので、できるだけそのまんまの自分を出しました。素の須田亜香里を見ていただきたいと思います!」とコメント。

その他出演したメンバーのコメントも届いている。

▽大場美奈コメント
「ドラマってなかなか挑戦できないジャンルなのでチャンスだと思いました。こ~だよ、あ~だよ、こういう風にやってみて!と言われるのが楽しかったし、自分の思った通りにやるのも楽しかった」

▽江籠裕奈コメント
「演技は苦手なので、すごくドキドキしながらやりました。これをきっかけに成長できたらいいな、と思っています」

▽野島樺乃コメント
「おもしろいなぁ~、わかりやすいなぁ~」と思ってもらえる演技をするのがすごく難しかった。これからも表現力を勉強したいです」

▽北野瑠華コメント
「演技は初めてだったので、自分にとって大きな一歩だと思います。ロケ現場にSKEのメンバーがいる安心感があって自分らしく演じる事ができました」

▽『名古屋行き最終列車2020』
・放送局:名古屋テレビ
・放送日時:1月27日(月)~30日(木)4夜連続 深夜0:18~0:49
【SKE48編】2月1日(土)深夜0:10~0:41              
・放送エリア:東海3県(愛知・岐阜・三重)  
・番組公式ホームページ:https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2020/

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事