FOLLOW US

UPDATE|2020/01/19

須田亜香里は「わるりん」 SKE48選抜コンサートで出演メンバー全員がソロ曲を披露【写真10点】

19日(日)TOKYO DOME CITY HALLで開催されたSKE48のコンサート (C)AKS

SKE48が19日(日)、TOKYO DOME CITY HALLにて選抜メンバーによる単独コンサートを開催した。


今回の選抜メンバーは今月15日に発売した26thシングル「ソーユートコあるよね?」の選抜メンバーに松井珠理奈を加えた19名で構成。まず松井珠理奈と須田亜香里の2人がステージに登場し、「美しい稲妻」で幕を開けた。

そこから「片想いFinally」「石榴の実には憂鬱が何粒詰まっている?」「DANCE」「ESCAPE」と連続でダンス曲を披露。「石榴の実には憂鬱が何粒詰まっている?」では、息がピッタリそろったフォーメーション・ダンスで客席を沸かせた。

続いて野島樺乃の「ショートケーキ」を皮切りに、出演メンバー全員のソロ・パフォーマンスをメドレーで披露するコーナーに。選曲は各メンバーが行っており、それぞれの個性あふれるステージとなった。

井上瑠夏(「走れ!ペンギン」)、北川愛乃(「シアターの女神」)、日高優月(「彼女になれますか?」)といったアイドルらしい楽曲の後、25日(土)にこの同じ会場でソロコンサートを予定している末永桜花はクールな楽曲「MARIA」をセレクト。トレードマークのツインテールもおろして臨んだ。

26thシングルで初選抜となった高畑結希(※「高」は「はしごだか」が正式表記)は自身初のセンター曲「人生の無駄使い」でライトセーバーを使った振り付けに挑戦。古畑奈和はソロ・ミニアルバムに収録されているロック曲「本性」、竹内彩姫はSKE48の代表的青春ソング「前のめり」、大場美奈は「コップの中の木漏れ日」で、それぞれのキャラクターに似合うパフォーマンスを繰り広げていく。

セクシーな印象の強い佐藤佳穂がチームKII公演の定番曲「16人姉妹の歌」のお茶目な衣装で登場した時は、客席からどよめきが起こった。「12人姉妹の歌」として、自身の様々なキャラクターをコミカルに歌う様子は「TDCライブ祭り」ならではのパフォーマンスとなった。
SKE48

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事