FOLLOW US

UPDATE|2020/01/28

10年目で初センター、SKE48須田亜香里「私がセンターに立てたのだから、誰でもできると思ってほしい」

須田亜香里 撮影/武田敏将

SKE48の通算26枚目のニューシングル『ソーユートコあるよね?』が1月15日に発売となった。センターを務めるのは、数多くのテレビ番組に出演する須田亜香里。アイドル生活10年を迎え、やっと念願の初センターを勝ち取った彼女に話を聞いた。


──須田さんと言えば、SKE48に入った当初、最後尾のポジションからスタートしたのはファンの間では有名な話です。そしてついに10年目でセンターに立ちました。まずはその感想から教えてください。

須田 センター……やっぱり感動します。ファンの方が本当に喜んでくれているのがすごくうれしいです。こう話しているだけで、泣きそうになっちゃう(笑)。

──センターだと聞いたときにはやはり泣きましたか?

須田 ドッキリだと思って泣きませんでした(笑)。こういうインタビューを受けていた時もドッキリだと思っていましたから(笑)。

──実際にMVも撮影しました。

須田 撮影したから本当だとは思ったんですけど、世の中に出るまで油断できませんでした。早くCDが発売されてほしくて日々焦って生きていました(笑)。実は以前、ドッキリのようなものを経験したことがあって。『意外にマンゴー』(21枚目のシングル)のときに一度個室に呼ばれて、レコード会社の方に「須田ちゃん、いつも頑張ってくれてありがとう」「今回のシングル、実はセンターが変わります!」と言われたんです。でも続けて「次のセンターは小畑優奈です」と言われて。えっ!? なんで私に言ったんだろうって(笑)。その流れでセンターが変わりますって言われたら、期待しちゃいますよね。

──それはドッキリだったんですか?

須田 いえ、違います。言葉の順序を間違っただけみたいで、先にセンターが変わることを言えばよかったのに、私への感謝の言葉を先に言ってしまったみたいで。ただ、スタッフさんには、いまだにあのときは目が期待してたって言われます(笑)。でも、そういうのがあったから、今回、ドッキリかなと思いました。
AUTHOR

林 将勝

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事