FOLLOW US

UPDATE|2020/02/05

元超ネガティブハーフ美女・藤城アンナ「アイドルが私を明るく変えてくれた」

CY8ER・藤城アンナ 撮影/平松大輔

“世界を騒がすガチマジアイドル”をコンセプトに活動するアイドルユニット・CY8ERの藤城アンナ。バンドとファッションが好きなごく普通の学生時代を過ごしたが、ただ一つ“超ネガティブ”な性格が唯一の欠点だった。就職活動中、岐路に立たされた彼女は、アイドルになる道を選び、その“超ネガティブ”な性格を見事克服してみせた。3つのアイドルグループを経験し、ポジティブな性格へと変わった藤城アンナの過去と現在を語ってもらった。


──ハーフ美人と話題になっている藤城さんですが、出身はどちらですか?

藤城 お母さんが日本人で、お父さんがポーランド出身なんですけど、生まれは日本なので帰国子女ではないです。

──生まれも育ちも日本なんですね。幼少期はどんな子供でしたか?

藤城 小さい頃は、外で遊ぶのが好きだったので、好奇心旺盛でした。

──アクティブに外で遊ぶタイプの女の子だったんですね。

藤城 活発だったんですけど、よくお絵描きもしてました。漫画家になりたいと思っていたぐらいで。風景を描くのは苦手だったんですけど、女の子の絵を描くのは好きでした。

──ご家族からはどんな子だったと聞いていますか?

藤城 赤ちゃんの頃は手がかからなかったらしいです。あとは、明るくて天真爛漫な子供だったとよく聞きます。「お笑い芸人目指せば?」と言われるぐらい、おしゃべりだったそうです。

──昔のお写真もお持ちいただきましたが、ご実家は和室もあったんですね。

藤城 日本が大好きだった父は日本国籍も取得していたので、ミドルネームがないんです。父には、箸の持ち方が悪いと「ちゃんと持てるまで食べちゃダメ!」とよく言われていた記憶がありますね。

──家族旅行の写真もいくつかありますが、思い出に残っている国はありますか?

藤城 父は仕事で海外に行くことが多かったので、幼い頃にいろんな国に行きました。ドイツにも行きましたし、ハワイには1ヶ月くらいいたのを覚えています。

──ご兄弟は?

藤城 兄がいます。今でも仲が良くて、今年の元旦も兄の家に遊びに行って、1歳になる甥っ子と一緒に遊びました。私は幼稚園の頃から体が大きくて、お兄ちゃんのお下がりをよく着させられていました。本当は、セーラームーンの靴とか履きたかったんですけど、サイズがなくて。その反動なのか、可愛い女の子に憧れて、学生時代はブリブリなお洋服を着ていました。
AUTHOR

鳥羽 竜世

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事