FOLLOW US

UPDATE|2020/02/06

グラビア界のニューヒロイン・NMB48 横野すみれ「この半年間で状況がすごい変わりました」

横野すみれ 撮影/桑島智輝

初グラビアが公開されるやいなや、各誌に引っ張りだこで“令和のアイドルグラビアクイーン”として注目を浴びるNMB48の横野すみれ。約半年で10回以上の撮影に表紙経験など、これからに期待しかない彼女が正規チームに昇格した今、目指す次なる場所とは。『月刊エンタメ』3月号掲載のインタビューを、グラビアカットとともにお送りする。


──この半年の間に一気にグラビアクイーンの座に駆け上がりましたね。

横野 『エンタメ』さんで初めてソログラビアをやらせていただいてから、いろんな方によかったよって言ってもらえました。握手会にもグラビアを見て、もともと私推しじゃなかった方が来てくださるようになったり。この半年間で、状況がすごい変わったな~って自分でも思います。

──今回、弊誌の特別編集版の表紙を飾ってもらいましたが、研究生の間にマンガ誌の表紙に抜擢されるなど、快挙といってもいいくらいの活躍ですね!

横野 グラビアのお仕事をさせていただくようになってから、いつかは表紙をしてみたいと思っていたんですけど、ファンの方の応援のおかげだなあとか、みなさんの反応がよかったのかなあって考えると、うれしく思いますね。

──半年で10回以上の撮影を経験したそうですが、自分の中で変化などありますか?

横野 大人っぽい表情を求められることが多いんですけど、公演や握手会はもちろん、普段もなかなかしないので、最初は難しかったです。でも最近は、手を置く場所とか角度にも気を使うようになったり、大人っぽい見せ方はだんだんできるようになってきたかなあって思います。

CREDIT

撮影/桑島智輝

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事