FOLLOW US

UPDATE|2020/02/07

TVアニメ『推し武道』原作・平尾アウリが根本凪と語る「オタクが嫌われる描写だけは描きたくなかった」

(左から)根本凪、平尾アウリ 撮影/松山勇樹 (c)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会

現在放送中のTVアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。原作者の平尾アウリ先生が、まさに今、武道館を目指す虹のコンキスタドール、そしてでんぱ組.incのメンバーである根本凪と語るスペシャル対談。後編では、各キャラクターの誕生秘話から平尾先生のオタク話までよりディープな内容に。根本の『推し武道』愛もさらに炸裂します。(2回連載の2回目)


<前編「アイドルが武道館を目指すワケ」より続く>

     *     *     *

──えりぴよという、ディープなオタクを主人公に添えようと思われた理由は?

平尾 それは単純に私がオタクで、アイドルじゃないからです(笑)。気持ちとしてはオタクの方なら分かるじゃないですか。なので、えりぴよを始めオタクたちは、私や私の周りのオタク友達の経験を活かしているんですよね。珍しいキャラと言われがちですが、個人的には超普通。こういうオタクいるじゃないですか。

──言える範囲で良いのですが、登場するエピソードで実話をベースにした箇所は?

平尾 ほぼ実話ベースです。例えばえりぴよが舞菜に興奮しすぎて鼻血出して倒れるシーン。あれは友達が実際に体験した出来事です。

根本 アウリ先生が経験されたエピソードはどれですか?

平尾 これはさすがに……ただ、えりぴよの失敗エピソードには、自分が今まで失敗した接触体験をメチャ入れています(笑)。漫画に描いて昔の自分の経験を笑ってもらおうって。笑ってもらえれば私の失敗も良い方に昇華できると思ったんですよ。

根本 超レア情報! もしかして、ヒゲつけて竹馬乗って登場したりしたんですか?

平尾 さすがにあそこまでのことはしません(苦笑)。

──(笑)。えりぴよは舞菜のために洋服を全て売り払い日夜バイトに精を出し、くまさは応援のために仕事を辞めるなど『推し武道』はある意味、アイドルオタクの業の深さも描いています。虹コン、でんぱ組の根本さんファンで、ここまで人生を捧げるファンの方って今までいらっしゃいましたか?

根本 さすがにえりぴよさん、くまささんクラスの方は分かりませんが、現場に来すぎて留年しまくっている人は見かけたことがあります(笑)。

平尾 それはリアルに業が深い(笑)。

根本 「また留年しちゃったよぉ~」という声がたびたび聞こえてくるんですよ。そういう時に、私たちはなんと罪深いんだ、ゴメン! と申し訳なくなります。
AUTHOR

田口 俊輔

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事