FOLLOW US

UPDATE|2020/02/07

TVアニメ『推し武道』原作・平尾アウリが根本凪と語る「オタクが嫌われる描写だけは描きたくなかった」

(左から)根本凪、平尾アウリ 撮影/松山勇樹 (c)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会


──キャラクターはどのような順番で作っていきましたか?

平尾 最初は舞菜。続いてれお、空音。実はその3人までしか設定は考えていなくて、後は原稿でぶっつけ本番。描いていくうちに徐々に人物像が見えてくればいいなと進めていきました。

──グループで何か参考になったり、モデルになったアイドルは?

平尾 それぞれの顔にはモデルがあるのですが、グループとしては全く。要素をどこからかいただくこともなく、脳内から出てきた完全に私プロデュースのアイドルグループです。

根本 アウリ先生としてはChamJamちゃん達は、売れそうだなと思いますか?

平尾 いや、絶対に売れませんよ(キッパリ)。逆に言うと売れたらダメなんです。

──武道館を目指すグループなのに!

平尾 だって、売れたら武道館に行っちゃうじゃないですか(笑)。

根本 物語の根本から覆る発言ですね(笑)。けど、その気持ちも分かります。基さんが売れてしまうと手が届かない存在になってしまうと、葛藤するじゃないですか。自分だけのアイドルでいて欲しいっていう部分、私も少しあるので。

平尾 その気持ちもありつつ、まだまだ話が続くので今はもうちょっと苦労してもらおうかなと。

根本 アウリ先生側の事情でしたか(笑)。

──アイドル好きでもある根本さんから見たChamJamの魅力はどこですか?

根本 これ、ありすぎます。まず、一人ひとり、個性がシッカリしているんですよ。セクシー担当の眞妃ちゃんもいれば、ロリ担当の文ちゃんもいてと隙がない。あとファンのみんなと協力して空気を作れている。彼女たちは前後列というシステムがあるので、そういうルールは本人たちもファンたちも辛いはず。それでもファンの人たちが「あの子を前列に立たせたい!」と熱くなるじゃないですか。ファンとアイドルが二人三脚で頑張り続ける関係性、ステキ。その熱量を共有するのって難しいんですよ。ファンのみんなが強く願うことが私たちに届かないことも、その逆もあって。けどChamJamはファンのみんなとその熱量をちゃんと共有できているんですよね。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事