FOLLOW US

UPDATE|2020/02/07

TVアニメ『推し武道』原作・平尾アウリが根本凪と語る「オタクが嫌われる描写だけは描きたくなかった」

(左から)根本凪、平尾アウリ 撮影/松山勇樹 (c)平尾アウリ・徳間書店/推し武道製作委員会


平尾 (静かに聞き入る)

根本 あと活動拠点が岡山で、東京での初ライブが五反田で人が集まらなかったのもナイス! 東京までの物理的距離と、武道館という夢の場所までの距離がすごくシンクロするんですよ。言葉を借りるなら、「マイナスからのスタート」。メチャ推せる。私、言ってしまうと、恵まれたアイドルさんが推せないんですよ(笑)。

一同 (笑)。

根本 それに個々がシッカリしているから、何か葛藤があってもそれをちゃんとぶつけ合える心の中の土俵が彼女たち全員にあるんですよね。文ちゃんがあることで空音ちゃんに怒って、それをちゃんと空音ちゃんが受け止めるところとか、尊すぎる!!……って公式の目の前でこんなに熱くなって申し訳ないです!

平尾 いえいえ! 現役の人気アイドルの方にここまで熱くなってもらえるのは、嬉しいですよ。

根本 今、メチャ冷汗出てます(笑)。

──因みに根本さん的には推しは?

根本 箱推しです(即答)。好きなアイドルさんは基本箱推しになっちゃうんですよ。みんな可愛いから。

──そう言えば、劇中には箱推しのオタクが一人も登場しませんね。

平尾 そうなんですよ! 私が箱推しをした経験がない上に、周りも単推しが多いから、箱推しのキャラを出す概念がなくて。今言われて気づきましたよ、そうだ箱推しのオタクがいた。これもいないと不自然ですよね。

──これから根本さんから箱推しの美学を学んで、箱推しキャラを出すのも……。

平尾 それ、アリですね。

根本 マジですか?  良ければなんでも答えますよ!

──そろそろお開きのお時間がやってまいりました。最後にお二人が互いの未来に期待することを語っていただきましょう。

平尾 私、てっきり虹コンさんのようなキラキラしたグループさんは武道館に立っているものだと思っていたんですよ。今日お話ししていても思いましたが、こんな可愛いんですから、今の勢いのまま絶対に武道館に行きますよ。ぜひ夢、実現してほしいですよ。

根本 ありがたいお言葉! ZeppTokyoに立つまで5年かかったので、あと5年かかる覚悟を決めていますが必ず! 私からは願わくはChamJamちゃんたちにも武道館に立ってもらいたい。その道は大変ですが、えりぴよさんたちファンの応援を受けて、一人も欠けることなく、苦しい想い、辛い思いもせず、ケガなく健やかに夢の舞台に突き進んでほしいです!

──もはやただの一オタの願いですね(笑)。

根本 そしてえりぴよさんたちにも幸せになってほしい。どうかバイトのし過ぎで無理がたたり、死にませんように……(手を合わせ祈る)。

平尾 死なせないように頑張ります!
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事