FOLLOW US

UPDATE|2020/02/01

『ゴッドタン』で話題、“練馬のハッピービッチ”TOMOKAの破天荒すぎる人生

TOMOKA 撮影/西邑泰和

現役キャバクラ嬢として働く一方で、『ゴッドタン』の「ウソをつけない女オーディション」に出演し、“練馬のハッピービッチ”という異名が瞬く間に広がったTOMOKA。だが、21歳の彼女の人生には番組に出演するまでにあまりにも衝撃的なことが起こっていた。ただ唯一の救いは、ポジティブで明るい性格だったことだろう。決してネガティブには捉えず、あっけらかんと話す姿が印象的だった彼女の、芸能界を目指すまでの数々の逸話を聞いた。


──すっかり“練馬のハッピービッチ”というキャッチフレーズがお馴染みになりましたが、いつぐらいから男遊びが激しくなったんですか?

TOMOKA 中学生の頃は真面目だったんですよ。美術部で部長をやっていましたからね。

──それは意外です。

TOMOKA 今は上手く描けるか分からないですけど模写が得意で、わりとイラスト寄りでアニメチックな絵を描いていました。

──見た目もギャルではなかったんですか?

TOMOKA 全然。ノーメイクでこけしみたいな(笑)。めちゃめちゃ厳しい学校で、スカート丈はひざ下10センチ以上で、ひざが見えたら職員室に連行されましたからね。

──遊び始めたきっかけは何だったんですか?

TOMOKA 14歳の時に初体験をしたんですが、それがあまりいい思い出じゃないんです。ただ、それで男性不振になるのも嫌だったし、どうせなら楽しもうと、中学を卒業する直前ぐらいにはっちゃけ始めて。普通の中学生だったのが突如としてヤリマン化(笑)。

──相手はどうやって見つけていたんですか?

TOMOKA いろいろですけど、同世代に関しては地元でやれる奴とはやって、あとは池袋をフラフラしてたら、たくさん寄ってくるので片っ端から。

──それは体験人数を増やすことに意義を感じてたんですか?

TOMOKA 暇つぶしだったと思います。寂しさもありましたけどね。

──『ゴッドタン』で話していましたが、1000人斬りは実際に達成したんですか?

TOMOKA ちゃんと数えてないですけど、1000人は優に超えてると思います。1日8人って日もありましたからね。声をかけられて、生理的に無理じゃなかったら「カモンベイビー」って(笑)。地元の集まりに行って、誰だか分からずに「初めまして」って挨拶したら、「初めましてじゃねーよ。やったことあるから」って言われたことはあります。ベロベロで覚えてないですよ。

──高校には通ってなかったんですか?

TOMOKA 高校は3カ月で中退しました。好きな男の子がいるっていう理由で、偏差値を30ぐらい下げた高校に入ったんですけど、英語の授業でアルファベットを全部言えたら褒められるようなレベルだったんですよ(笑)。普通に中学通っていれば誰でもトップみたいな学校で、授業もつまんなかったんですよ。
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事