FOLLOW US

UPDATE|2020/02/01

『ゴッドタン』の神エピソードで大反響、永井すみれに聞く“下積み時代”

永井すみれ 撮影/西邑泰和

『ゴッドタン』(テレビ東京系)で誕生したアイドルユニットTruth。石原由希、鎌沢朋佳、永井すみれの3人は、「ウソをつけない女オーディション」で三者三様のウソのない過激発言を連発。大きな反響を呼び、その後も「Truthの公式お兄ちゃんオーディション」など、様々な企画に出演している。メンバーの永井すみれは芸能活動6年のキャリアを持つ苦労人。彼女に鳴かず飛ばずだった下積み時代の話、そして『ゴッドタン』出演後の反響について聞いた。


──かなり芸能界のキャリアは長いですよね。

永井 もう6年経ちました。

──どういうきっかけで、このお仕事を始めたんですか?

永井 小学1年生の時に、芸能事務所併設のタレントスクールに通っていたんです。あまり長くは通わなかったんですけど、それが楽しい思い出で、ずっとお芝居をしたいなと思ってたんです。それで18歳になって、オーディションサイトを見ていたら、最初に所属していた事務所が掲載されていて、受けたら合格したんです。

──最初は女優志望だったんですね。

永井 そうです。ただ初めは女優ではなく、名前を売るためにグラビアをやってみないかと誘われて、それが芸能活動の始まりでした。

──グラビアに抵抗感はなかったんですか?

永井 ありました。今はそう思わないんですけど、グラビアって芸能全体の中で下に見られることも多いじゃないですか。最初の1年は抵抗がありつつ、これも下積みだと思ってやってました。それで、その事務所との契約期間が終わったところで、今の女性マネージャーと知り合ったんです。ただ最初は芸能関係のお仕事をしているとは知っていたんですけど、芸能事務所の人だとは知らなかったんです。たまたま、「事務所を辞めてから仕事がなくて」ってお話をしたら、「私のところに来ればいいじゃない」って言われたんです。

──それから映画などに出演するようになるのは?

永井 当時、イメージDVDは鳴かず飛ばずの状態だったんで、とにかく話題を作ってやるぞってことで、アダルトピクチャーと呼ばれる作品に出たんです。いわゆるヌード作品なんですけどそれが幾つかのランキングで1位を獲らせて頂いて、そこから映画などのお仕事も決まり始めました。

──デビュー当時からのファンの反応はいかがでしたか?

永井 「脱いでショックです」って離れて行った方もいらっしゃったんですけど、最近になって戻ってきてくれるんですよ(笑)。
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事