FOLLOW US

UPDATE|2020/02/03

Hカップ美女コスプレイヤー“すみれおじさん”がDVDイベントで華麗な殺陣を披露

すみれおじさん初DVD『幻想少女』より (c)2020 Liverpool

人気コスプレイヤー・すみれおじさんが、初DVD『幻想少女』(リバプール)発売イベントを1日(土)、秋葉原ソフマップとゲーマーズ本店で開催した。


2018年にブラジル最大のアニメフェス「Ressaca Friends(ヘサカフレンズ)」の公式レポーターとして採用されたのをきっかけに活動を開始したすみれおじさん。人気ゲーム『ドールズフロントライン』公式コスプレイヤーとして活動するほか、『ヤングジャンプ』(集英社)の表紙を飾るなどグラビアでも活躍している。

ファーストDVDとなる本作は、ロケ地や作品内容を自由に決めていいとメーカー担当者から提案され、「ずっと行ってみたかった台湾で大好きな狐をモチーフに撮影ができるというので、恥ずかしかったんですけどグラビアに挑戦してみようと思いました。狐耳の生えているシーンはすごく見てほしいです」とアピールした。(別カットはこちらから)

“すみれおじさん”という芸名については「一時期、“おじさんリプ”というものが女の子の間で流行っていたんです。それで私がよくマネをして『〇〇ちゃん、おじさんは今日〇〇に行ってきたよ。今度、〇〇ちゃんも一緒に行こうよ』みたいな感じで、 女の子を遊びに誘いまくっていたわけですね。そしたら、いつの間にか“すみれおじさん”って呼ばれていました」と話した。

DVDリリースにあたっても芸名を再考したらしく、「今回のDVDのときも、さすがに“すみれおじさん”じゃ不味いって思って、メーカーさんもマネージャーさんにも相談していたんですよ。“御坂すみれ”とか、たくさん色んな名前を考えたのに、結局どちらからも“すみれおじさんで行こう!”って言われたんです。本当にこんな名前で大丈夫なんだろうかって、いつも不安がつきまとっています」と苦笑いを浮かべた。

最近の活動について尋ねると「キャラの再現度を上げるために秘密の特訓をしているんです」とスタントマン養成所に通っていることを明かし、中国拳法を意識させる殺陣の型を披露して見せた。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事