FOLLOW US

UPDATE|2020/02/03

『AKB48 ネ申テレビ』で「久保怜音 被害者の会」が結成。若きエースは“天然”か“魔性”か?

アイドル番組定点観測 第51回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第51回となる今回の観測期間は1月27日(月)〜2月2日(日)。

去る1月26日(日)、TOKYO DOME CITY HALLで3人のAKB48メンバーがそれぞれソロコンサートを開催。ステージに立った久保怜音、山内瑞葵、小栗有以はいずれもこれからのAKB48の先頭に立つことが期待される人材であり、皆個性を生かした趣向のステージで会場を盛り上げていました。

その中でも「わたあめランドへようこそ」という愛らしさ満開のコンサートを行なった久保ですが、2月2日(日)放送『AKB48 ネ申テレビ シーズン33』(CS ファミリー劇場)において彼女に対する「被害者の会」が結成される事態に。どうやら久保は最近、誰にでも「好き!」と言ってメンバーを惑わせているらしい!?

実際に久保は、谷口めぐと映画を観に行ったことも山根涼羽と鍋を食べに行く約束をしたことも忘れており、さらに横山結衣は「さと(久保)が結衣ちゃんのことを支えてあげるから」と言われお揃いの指輪をプレゼントしてもらったと力説するも、久保が「支えたいメンバー」として真っ先に名前を挙げたのは吉橋柚花だった。

久保はメンバーを弄んでいるのか? それともただ忘れっぽいだけ? その真相は次回明らかに。筆者は過去に何度か久保をインタビュー取材していますが、そのときの印象は「明るく純粋で、天然」。今回の件も単なる天然発言であることを祈ります……! にしても、被害者の会メンバーが次々に落胆していく様子はバラエティとして大笑いさせてもらいました。また、よどみなくスムーズに番組を進行させた田口愛佳の堂々としたMC力も際立っていたように思います。次回も期待!
AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事