FOLLOW US

UPDATE|2020/02/06

日向坂46が横浜アリーナで新型ライブ、ドキュメンタリー映画公開も発表【写真17点】

4日と5日に横浜アリーナで行われた「日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW」

日向坂46が現在放送中のドラマ『DASADA』(日本テレビ)とコラボした「日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW」が、2月4日と5日に横浜アリーナにて開催された。会場には2日間でおよそ2万5千人のおひさま(日向坂46ファンの総称)が詰めかけた。



日向坂46の前には、けやき坂46(ひらがなけやき)の頃から数々の“逆境”が立ち塞がってきた。17年9月の長濱ねるの兼任解除(現在は欅坂46を卒業)、18年1月30日~2月1日の日本武道館3Days。そして、今回の「日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW」では、4日前に小坂菜緒の不参加が発表された。

「LIVE&FASHION SHOW」がどんな形式になるのか、そして、日向坂46はセンター不在というピンチをどう乗り越えるのか……。おひさまが注目する中、「TGC×日向坂46 SPECIAL COLLECTION」からスタート。

1部ではDASADAとTGCプロデュースのファッションで、2部では マロニエ女学院の制服やブランド『DASADA』のアパレルグッズを身につけたメンバーが空色で縁取られたランウェイを歩く。女性ファッション誌の専属モデルを務める5人はもちろん、モデル経験が少ないメンバーも堂々とウォーキング。さらに、ドラマの主人公である佐田ゆりあ(小坂)からのメッセージ、『DASADA』の3年後を描いた映像が流れた。
日向坂46
ライブパートの始まりを告げる「OVERTURE」が会場に鳴り響き、おひさまが青のペンライトを振ると、メインステージに日向坂46メンバーが現れた。

1曲目は『DASADA』の主題歌にもなっている『青春の馬』。振り入れの際、TAKAHIROが主宰するカンパニーであるINFINITYによるダンスに、日向坂46メンバーは涙を流したという。彼女たちはあの時のように横アリに集ったおひさまの心を震わせることができるのか。

その答えはYESだった。TAKAHIROが日向坂46以降の活躍も見守り続け、彼女たちへの想いを乗せた振り付けを、メンバーたちは力強く踊り、祝祭のような笑顔を見せた。センターに立った金村美玖は風を切るようなダンスで内に秘めた情熱を放出する。

そして、初披露TGCしずおか(1月19日)には不在だった濱岸ひよりと金村のペアダンスは観る者の感情を揺さぶった。濱岸は昨年6月から活動を休止していたが、今回のライブで本格的に復帰。少し大人になった“ひよたん”の今後が楽しみだ。

キャプテンの佐々木久美は「こさかなの分まで頑張りますのでよろしくお願いします」と宣言。グループのために映画撮影の仕事を頑張っている小坂のためにも最高のステージを見せることを誓った。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事