FOLLOW US

UPDATE|2020/02/18

『バンドリ!』声優としてブレイク 前島亜美「キャラクターの人生を背負っているから2倍感動できる」

前島亜美 撮影/飯酒盃智明



──そして、2018年秋に開設されたYouTubeチャンネルでもさまざまなことに挑戦しています。

前島 これは自分がやりたい企画や月に1回の生放送を通して私の存在をより身近に感じてもらいたいという意図があって。自分のケータイの中身を晒したり、昔の写真を見せたり、ぼっち企画として1人でお花見やボーリング、焼肉に行ったりしています(笑)。

──個人的にお気に入りの企画は?

前島 憧れの1つだったASMRという音フェチ動画を撮影できて、それをアップしたときは感動しました(笑)。実は再生回数が一番伸びている動画なんです。

──今は役者、声優、YouTubeと3つの軸足で活動していますが、今後挑戦してみたいことは?

前島 以前は「1年後の自分、3年後の自分」みたいに漠然と考えるタイプだったんですけど、最近は目の前のことを頑張る方が大切だと考えるようになりまして、細かく目標設定をしているんですよ。演劇だと「この劇場に立ちたい、この演出家さんとご一緒したい、この戯曲をやってみたい」という目標があるし、声優としては「この枠のアニメに出たい、この監督さんとご一緒したい、この先輩とアフレコしたい」みたいな夢があり。最近はナレーションにも興味があって、そちらにも挑戦してみたいですし、YouTubeももっとチャンネルを大きくしたい。どれも1つひとつ叶えていけたらなと思います。

──1月7日の動画生配信では、新年の抱負として「感謝を伝える人になる」とおっしゃっていましたよね。

前島 ここ数年は本当に周りの皆様に恵まれていたので、その皆さんに見合う素敵な自分でありたいと思いまして。それで今実践しているのが、感謝を伝えるときに「ありがとうございます」と言うことなんです。私、すぐに「すみません」と口にしてしまうので、まず先に感謝を伝えられる人間になりたくて。

──「すみません」って便利な言葉で、口癖として言いがちですものね。さっきご自身のことをネガティブと表現していましたが、ポジティブな言葉を発していけば内側からどんどんポジティブになりそうです。

前島 そうですよね。『バンドリ!』で共演させていただいている先輩の声優さん、加藤英美里さんや金元寿子さんは朗らかで素敵なんですよ。私もそういう人間になりたくて。

──最近はアイドルのセカンドキャリアに注目が集まっていますが、前島さんの活動はこれまでの経験がすべてつながっていて理想的ですよね。

前島 すごくうれしい言葉です。昨年、俳優の山崎樹範さんと6年ぶりにご一緒させていただいたんです。山崎さんは悩みでいっぱいだったアイドル時代の私を知っているので、改めて最近のことを相談したときに「亜美ちゃんは絶対にいつか整うと思うから、諦めないでお芝居を続けた方がいいよ。それに顔もしっかり見ると童顔じゃないんだから、大人になった方が素敵になると思うよ」と言っていただけたので(笑)、30代になったときにすごく凛とした女性でいられるように頑張りたいです!

(取材・文/西廣智一)

▽前島亜美(まえしま・あみ)
1997年11月22日生まれ、埼玉県出身。B型。163センチ。ニックネームは「あみた」。2010年から2017年までSUPER☆GiRLSの中心的メンバーとして活躍。卒業後、次世代ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!』で丸山彩の声優を担当。前島亜美公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/c/maeshima_ami)は16.4万人を突破。
Twitter:@_maeshima_ami
CREDIT

取材・文/西廣智一 撮影/飯酒盃智明

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事