FOLLOW US

UPDATE|2020/02/15

前島亜美 アイドル卒業から3年「舞台が好き」主演舞台『バレンタイン・ブルー』の見どころとは?

前島亜美


──今回の演劇『バレンタイン・ブルー』では、前島さんは主人公を演じられます。作品について教えてください。

前島 『バレンタイン・ブルー』は、西ノ園達大さん以外は全員avex management所属の俳優による「Avenue X theater」というユニットでの第1回公演になります。ある町にある「バレンタイン・ブルー」というカフェを舞台に、そこに集まってくる人々や、しゅはまはるみさん演じるカフェ経営者と夫役の西ノ園さん、その二人の間に生まれた、私が演じる一人娘・梨子の物語となります。梨子はつまり実家がカフェで、小さい頃からたくさんの人と出会い、とても豊かな幼少期を過ごしてきたんだろうと思うんです。かつて夢があったけど、でも諦めて。そんななかでカフェに出入りするいろんな人の想いや生き方に感化され、新たな道を探し始めます。仲間の皆さんからたくさんのいいものをもらって心を動かしていく、非常に重要な役を任せていただいたと思っています。

──ストーリーにおいて重要な役ですし何より主演ですし、かなりプレッシャーがあると思いますが、前島さん自身と共通する点などはありますか?

前島 私は普段、元気な子とかキラキラしている子とかを演じさせていただくことがすごく多いんですけど、私本人は根がそんなに明るくなくて(笑)。夢をたくさん見てあれもこれもというより、現実的にものを見て自分がこれができるから、じゃあこれに挑戦してみよう、そのためには何をしたらいいのか、みたいに着実にやっていくタイプ。梨子というキャラクターは、漠然と夢を見るのではなく、そういうところにすごく共感できます。一見無気力そうなんだけど、とてもお母さんを思いやっているし、カフェが好きだし町の人たちのことも好き。今回は全く新しい人物像を作るというよりも、自分の中にある感情を持って演じていきたいと思っています。

──『バレンタインブルー』という作品全体の注目ポイントはどういったところになるでしょうか。

前島 「Avenue X theater」の旗揚げ公演でavex management所属の俳優がたくさん参加しているので、一人一人の魅力に注目してほしいです。あの子がいいなと思ったら、ぜひ別の作品も応援していただけると嬉しいですし、今度も「Avenue X theater」で若い俳優たちがどんどん育ってくれたらと願っています。私は元アイドルという出自や声優として認知して応援してくれている方もすごく多いのですが、舞台ではこういうお芝居をするということも知っていただきたいですし、私をきっかけに足を運んでくれた方が舞台演劇の魅力を知ってくれたらいいなとも思っています。がむしゃらにどうにかしていいものを作ろうというみんなの熱量がこの作品を支えているので、多くの方に届けられるように頑張りたいと思っています。

前島亜美が出演する舞台『バレンタイン・ブルー』は、2月18日(火)から東京・銀座の「博品館劇場」で公演が行われる。

■舞台『バレンタイン・ブルー』
公演日:2月18日(火)~25日(火)
会場:東京・銀座「博品館劇場」
出演:前島亜美、久保田秀敏、武子直輝、日比美思、飛鳥凛、出口亜梨沙、中﨑絵梨奈、行徳智仁、會田海心、近藤廉、髙橋果鈴、福田愛依、髙石あかり、しゅはまはるみ、西ノ園達大
作・演出:堤泰之
http://no-4.biz/valentineblue/

■前島亜美
公式HP:https://maeshima-ami.jp/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/c/maeshima_ami
twitter:https://twitter.com/_maeshima_ami

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事