FOLLOW US

UPDATE|2020/02/17

日向坂46・佐々木美玲が『有吉ゼミ』で激辛完食! テレビでの爪跡は東京ドームへつながるはず

アイドル番組定点観測 第53回


さて話は変わり、2月12日(水)放送『ラストアイドル「ラスアイ、よろしく!」』(テレビ朝日)では番組史に残るであろう名シーンが生まれました。ラストアイドルの8thシングル表題曲選抜メンバーオーディションバトルの歌唱審査において、間島和奏が「ラストアイドルを国民的アイドルにしたいという願いはメンバーみんな一緒。ここからまた一つになって頑張れたら」と語って『バンドワゴン』を涙ながらに熱唱。

間島といえば2017年の番組開始当初、暫定メンバーのセンターとして『バンドワゴン』を歌っていたメンバー。そのときは阿部菜々実に敗れポジションこそ守れなかったものの、今やラストアイドルファミリーの屋台骨を支える居なくてはならない存在になっています。そんな彼女が今改めてこの楽曲を歌って強い覚悟を表明したことに、きっと多くの視聴者が(特に番組を初期から観ている人は)胸を打たれたのではないでしょうか?

あとこれは前回のコラムでも少し触れましたが、ラストアイドルには「なんでこの子がアンダーに甘んじているの!?」という子が多過ぎる! 大森靖子をして「(選抜から)外す意味が分からない」と言わしめた岡村茉奈、鬼気迫るパフォーマンスを見せた白石真菜、(abemaTV版にて)ゆうこすから絶賛された篠原望……。とはいえ、1期生のレベルもやはり高い。オーディションの行方がますます混沌としてくる中、選抜18人に入るのはどんな顔ぶれなのか? 気になる結果発表は2月19日(水)!

一方、初めてバラエティ番組に挑戦したのが、指原莉乃プロデュースの12人組アイドルグループ・≠ME(ノットイコールミー)。2月14日(金)に放送された特番『≠ME革命』(AbemaSPECIAL 2チャンネル)では、彼女たちが「箱の中身はなんだろな?」やパンスト相撲、タガメ早食い対決などに挑戦。まるで往年の『AKBINGO!』を観ているような王道ムチャ振りアイドル番組だったのですが、それもそのはず、今回の企画は「自分はバラエティに出ていろんなことを学んで、人に喜んでもらおうって気持ちが芽生えた。なのでみんな(≠ME)にもバラエティを頑張ってほしい」という指原Pの実体験を踏まえて制作されたもの。そして、≠MEメンバーも指原Pからの期待に立派に応えました。

中でも櫻井ももはブリッ子キャラ全開で「ツインテールアタック!」という謎の必殺技を繰り出したり、全編に渡って大活躍。他にも、言わなくてもいいのにわざわざ「足にタコもウオノメもある」と自ら暴露した谷崎早耶、まさかのタガメを一気食いを見せた河口夏音、その河口の姿を見て号泣した最年少(中2)・川中子奈月心、混乱に乗じてムチャ振りを回避するズルさを見せた冨田菜々風など、それぞれ個性が際立っていました。≠MEの全体的なバラエティ適性の高さもうかがえたし純粋に番組として面白かったので、ぜひレギュラー化していただきたい!
AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事