FOLLOW US

UPDATE|2020/02/28

クマリデパートのオシャレ番長・優雨ナコ「お洋服とアイドルだけは好きになれた」

クマリデパート・優雨ナコ 撮影/鳥羽竜世

“世界のこころのデパートプロジェクト”をコンセプトに掲げるクマリデパートの優雨ナコ(ゆうなこ)。この春には服飾関係の短大を卒業し、アイドル一本の道へ。現在は、恵まれていると自他ともに認めるメンバーたちと、2月28日(金)にマイナビBLITZ赤坂で開催されるクマリデパート最大規模のライブに向けて練習の真っ最中だ。今回は、そんな優雨ナコに幼少期から今日までを振り返ってもらった。


──小さい頃はどんな子でした?

優雨 常に誰かの真似をしていましたね。周りの友達はお兄ちゃんとかお姉ちゃんがいるから遊び方を知っているんですけど、私は長女なので遊び方を知りませんでした。あとは、遊具から落ちたり、側溝に引っかかって転んだり。いつも怪我をしていました。親から「あなたは鈍臭いんだから、無理しないで」って言われて(笑)。

──家ではどうでしたか?

優雨 2歳半ぐらい離れている妹がいるんですけど、すごい勢いでハイハイしながら私のことを噛んでくるんですよ。それが怖くてしょうがなくて逃げ回ってましたね。妹の方がちょっと強かった(笑)。年が近いからなのか、私が高校生になるぐらいまで喧嘩ばっかりしていたんですけど、最近はご飯食べに行くことが多いです。

──小学生でも活発的に遊んでいたんですか?

優雨 引っ越しをしたので知っている子がいなくなってしまったんですよ。最初の頃は、寂しくて学校に行きたくなかったです。けど、ちゃんと通っていました。それで学校から帰ってきたらすぐに前に住んでいた近くの公園に遊びに行ってました。

──スポーツは得意でした?

優雨 中学でソフトテニス部に入っていたんですけど、下手でした(笑)。小さな学校だったので、ソフトテニス、女子バスケット、卓球、バレーボールぐらいしか運動部がなくて。私は出場していないんですけど、県大会にいけるぐらいの強さでしたね。

──高校は一風変わった学校だったそうですね。

優雨 行事がすごく多い学校でした。踊るだけのライブイベントがあったり、文化祭や後夜祭の他にも、クリスマスライブ、卒業ライブとかもあったんです。部活は入っていなかったんですけど、友達に誘われてダンスグループに入りました。そういうイベントの時によく踊っていました。
AUTHOR

鳥羽 竜世

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事