FOLLOW US

UPDATE|2020/03/06

フィロソフィーのダンス、渾身のリミックスアルバムをリリース「丸ごと変えてくれて、新曲のような感覚」

左から十束おとは、日向ハル、奥津マリリ、佐藤まりあ 撮影/河野優太

幅広いジャンルを包括したオシャレな楽曲で、アイドルファン以外にも高い評価を受けるフィロソフィーのダンス。ルックスも歌声もキャラクターもバラバラな彼女たちが織りなすエモーショナルなパフォーマンスは唯一無二の存在として根強い人気をあつめ、ついに今年メジャーデビューが決定。そんな彼女たちがこれから挑戦したいこととは。


──3月6日リリースの リミックス・アルバム『SAPIOSEXUAL』の中から幾つかピックアップして曲の聴きどころを聞かせてください。

十束 『ヒューリスティック・シティ(mabanua remix)』は夜のドライブに合いそうなチル味を感じていて。私たちはアイドルなので、普段からアイドルの曲を聴くファンがほとんどだと思うんですけど、この曲はアイドルを聴かない方でも耳馴染みがいい感じにリミックスしていただけて、周りからの評判も良かったです。

佐藤 『イッツ・マイ・ターン(T-Groove Remix )』はリミックスバージョンの中で1番ライブでやっている曲で、他のアイドルさんを迎えてコラボしたことがあります。原曲の「行くぞ!」って感じも好きなんですけど、ちょっと重めのリズムもいいなと思っていて、テンポ感も含めて違いがハッキリ出ていますね。イントロ、アウトロが長いので、遊びの要素が入れやすくて、リリスク(lyrical school)さんやサイプレス上野さんとコラボしたときは、ラップを入れてもらいました。

奥津 先日、T-Grooveさんとお会いしたんですけど、「まさか自分のリミックスがラップと合うと思っていなかったから面白い」と褒めてくださりました。

日向 この曲は唯一、楽器を全て録り直した上でリミックスしてくださったので、新曲のような感覚で聴くことができました。

十束 『アルゴリズムの海(ヤマモト ショウ リミックス)』は個人的に好き過ぎて、自分の生誕祭でオリジナルの振り付けを先生と自分で考えて披露させていただきました。作詞を担当したショウさんがリミックスしたからこそ、より深い世界観を表現できているのかなと思います。

奥津 CDのボーナストラックに入っている『アルゴリズムの海 (ヤマモト ショウ リミックス AI Mix Version)』は、AIにリミックスをさせるという案が面白くて。アルゴリズムって言葉自体が“計算方法”のことですけど、AIが計算してリミックスしているんだと考えたらすごくロマンを感じて。私からしたら、どうやったら完成するのか想像もつかないんですけど、それができるのがショウさんの頭の良さなんだろうなって思いました。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事