FOLLOW US

UPDATE|2020/03/06

フィロソフィーのダンス、渾身のリミックスアルバムをリリース「丸ごと変えてくれて、新曲のような感覚」

左から十束おとは、日向ハル、奥津マリリ、佐藤まりあ 撮影/河野優太



佐藤 『スーパーヴィーニエンス(Night Tempo Shuto Expressway Groove Mix)』は昨年連続でリミックスを配信してきたなかでも、1番 SNSのタイムラインがざわつきました。

日向 「Night Tempoだ~!」みたいな感じで音楽ファンが反応してくれたんですよ。

十束 サビが首都高を走り抜けているような疾走感があるんですよね。

日向 三半規管に訴えかけてくるようなリミックスです。

奥津 『ライク・ア・ゾンビ~ヒャダインのリリリリ☆リミックス』は初めて聴いたときにビックリして、1本の映画を観ているような感覚になりました。

日向 曲を丸ごと変えてくれた印象で、個人的に大好きなリミックスです。リズムも構成もガラッと変わって面白かったです。

佐藤 遊園地みたいな曲で、ヒャダインさんの頭の中を覗いてみたい! と思いました。

──傾いているアルバムジャケットはどうやって撮影したんですか?

十束 急な坂になっているセットに上から1人ずつ並んで、できるだけ辛い方向に体を傾けて撮影しました。

日向 不自然に見えるように個々で好きなようにポーズを決めたんです。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事