FOLLOW US

UPDATE|2020/03/12

里崎チャンネルで可愛いと話題の袴田さんに、アナウンサーになったきっかけを聞いてみた

撮影/松山勇樹


──就活を始めたときには、おそらくお姉さんの葉加瀬マイさんはすでに芸能活動をされていたと思いますが、お姉さんからはなにか言われました?

袴田 姉と母には「絶対無理だからやめなよ!」って猛反対されました。姉は、私が4年生だった2012年に『ミスFLASH』に選ばれているので、ちょうど本格的に始めたぐらい。でも、「受かったよ」って言ったときは、誰よりも喜んでくれました。姉は私のことが大好きなので(笑)。

──いま現在も、YouTubeチャンネル『マイとアヤエの姉妹チャンネル』も、お姉さんと一緒に運営されていますもんね。

袴田 あれは完全に趣味チャンネルと化していて、撮影も編集もぜんぶ姉と私でやっているので、なかなか更新できてませんけど、姉との仲はいまもすごくいいですよ。私がフリーになったあとは、姉が結婚するまでずっと一緒に暮らしてましたし。高校受験のときなんかは、私より先に合格発表を見に行ってて、喜んでる私のところに物陰から「ワッ!」って出てきたりもしましたね。まぁ、いま現在もかなりご近所に住んでいるので、旦那さんがいないときはずっと私の部屋に入りびたったりもしてますけど(笑)

──YouTubeで人気急上昇中のいま、袴田さん自身の今後の方向性としては?

袴田 野球に関しては日々勉強。ポケットサイズの選手名鑑を2冊買って、いつも持ち歩くようにしていますし、最近では自分で見たり聞いたりした選手のエピソードを書きとめた“小ネタノート”みたいなのをいそいそ作ったりもしています。

──アナウンサー以外の領域にも挑戦を?

袴田 一度フリーになったのも、「アナウンサー」っていう肩書きに縛られたくなかったから。なので、できることがあるなら、なんでもやってみたいとは思ってます。私個人の野望としては、やっぱり子どもの頃からの憧れでもあるミュージカル。小さい頃から続けてきたダンスや歌を活かせる舞台に立ってみたいっていうのはありますね。

──2020年は『里崎チャンネル』以外でも袴田さんを見る機会が増えそうですね。

袴田 そうありたいですね。もうすぐプロ野球も開幕するので、チャンネルのほうでは視聴者の方にもよくコメントでいただく“ノースリーブ”をそろそろ解禁したいと思ってます(笑)。それと、せっかく自分が好きで飛びこんだ業界なので、いまも出させてもらっているラジオ(MBS『オレたちゴチャ・まぜっ!』)やテレビ、いろんなメディアとも関わり続けていけたらうれしいです!


▽袴田彩会(はかまだ・あやえ)
1990年12月10日生まれ。静岡県出身。青山学院大を卒業後、13年に宮城・東北放送(TBC)に入社。1年目にして東北楽天のリーグ優勝・日本一を経験する。18年に退社後はフリーアナウンサーとして活動。19年5月からは実姉・葉加瀬マイと共同でYouTube『マイとアヤエの姉妹チャンネル』も運営する。Wikipediaの「嶋基宏(現・東京ヤクルト)のファン」との記載は、本人曰く「もちろん応援はしてるんですけど、昔もいまも“箱推し”です(笑)」。『里崎チャンネル』でみせる快活なトークは「仙台にいたときにサンドウィッチマンさんに鍛えてもらったおかげ」とも。

里崎
▽『プロ野球 里崎白書』
著者:里崎智也
定価:本体1,400円+税
発売日:3月2日
発行元:扶桑社
Amazonはこちらから

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事