FOLLOW US

UPDATE|2020/03/19

3・18メジャーデビュー、真っ白なキャンバス「MV撮影時にスタッフさんの多さで実感しました」

前列左から三浦菜々子、橋本美桜。後列左から鈴木えま、小野寺 梓、西野千明、麦田ひかる。 撮影/河野優太

3月18日に『桜色カメラロール』でメジャーデビューを果たした、真っ白なキャンバス。2017年のデビュー以後、破竹の勢いでアイドル界を邁進する話題のアイドルだ。うれしさの反面、実力が伴っているのかという悩みも芽生え、これまで以上に気を引き締めたという彼女たちに、メジャーデビューシングルについて聞いた。


──メジャーデビューが決まったときはどう思いましたか?

三浦 うれしかったです。でもパフォーマンス面とかそういうところではメジャーに見合うものができているかっていう気持ちもあったので、デビューするからには「これでメジャーに行けたんだ」って思われないようにしようと強く思いました。

──デビュー曲の『桜色カメラロール』はどんな歌だと思いますか?

小野寺 最初歌詞をもらったときに、あまりにもキラキラしてたので「ハッ」っとしました。今までの白キャンの歌は弱者の気持ちに寄り添うような歌詞が多かったから、最初は眩しかったです。

──この曲のMVは女優の吉田美月喜さんが主人公を演じるドラマパートをメインに構成されています。

橋本 歌詞の世界観を伝わりやすくするためにドラマのシーンが多くなっていて、私達のシーンは少なめになっているんです。

西野 歌詞とMVがいい感じにマッチしているので、歌詞を読むだけでもいろいろ想像できるけど、MVを観たら世界観がより明確に想像できると思います。

──皆さんはこのMVを撮影したときにメジャーデビューしたことを実感できたそうですね。どんなところで実感できたんですか?

三浦 スタッフさんの数がすごく多くかったんです! 今まではマネージャーさんとカメラマンさん1人、メイクさん1人みたいな感じだったのが、ほんとに初めましての方がたくさんいらっしゃって。いろんな大人の方の力が動いているんだなっていうのをすごく感じましたね(笑)。

鈴木 でもやっぱりメジャーデビューが決まってから初めましてのファンの人が増えたと思います。「YouTubeで観て気になって来ました」みたいな人が多いですね。

CREDIT

取材・文/鎌形剛 撮影/河野優太

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事