FOLLOW US

UPDATE|2020/03/16

和田彩花、アプガ、吉川友らが25時間半テレビを配信、8時間生放送ではライブも

YU-M(ヤム)エンターテインメントに所属する全アーティストが総出演する番組『25時間半テレビ ~アイドルと未来へ向かう場所~ #愛で山田を救ってくれ』が、3月13日(金)から14日(土)にかけてニコニコ生放送で配信された。13日19時30分からはライブ映像のアーカイブ放送、14日の13時からはライブハウス千葉・柏PALOOZAから8時間の生放送が行われた。

【写真】サプライズ卒業式にはメンバー全員涙、25時間半テレビの模様

生放送には、アップアップガールズ(仮)、アップアップガールズ(2)、アップアップガールズ(プロレス)、仙石みなみ、吉川友、和田彩花という事務所所属アーティストに加え、ゲストで、さわやか五郎(上々軍団)、飯窪春菜(モーニング娘。OG)、東京女子プロレス、ぱいぱいでか美が出演。さらには代表取締役の山田昌治、音楽プロデューサーのmichitomo、劔樹人(あらかじめ決められた恋人たちへ)も登場。8時間に渡って、ライブ、トーク、プロレスなどバラエティに富んだイベントがニコニコ生放送を通して届けられた。

14日13時から生放送がスタートすると、ステージに全アーティストが登場。さわやか五郎と仙石みなみがMCとなって番組を進行していく。山田社長が登壇すると、今回の番組のテーマが語られていく。

「新型コロナウイルスの影響で、うちの事務所もいろんなライブがキャンセルになり、アイドルたちのチャレンジを行う場所が消え、損失も出てしまいました。そこで、視聴者の方にこの番組を通して、アイドルたちがまた新たなチャレンジへ、未来へ向かえるように応援をお願いしたいです!」

更に「この企画が成功しないと、来月よりタレントへの支払いが出来ない」と嘆願。応援購入サービス「Makuake」で、『アップアップガールズ、吉川友、和田彩花、仙石みなみ所属の事務所の新たな挑戦を応援』プロジェクトをスタートし、多くの応援を募った。

番組では、michitomoが8時間で1曲作成、マスク作成、牛乳料理王決定戦など、8時間の通し企画も多数実施。ニコ生内での応援、や、SHOWROOM、Around Forty Japanese Guyzの公式YouTubeチャンネル、ツイッターで“#愛で山田を救ってくれ”のハッシュタグでの情報を拡散するなど、ネットメディアをフル活用して視聴者とともに番組を盛り上げていくこととなった。

昨今のエンターテイメント事情と同じく、このイベントも無観客ライブのスタイル。そこをネガティブに捉えず、出演者と視聴者が一体となってライブを楽しみ、そして収益を作って次のエンターテイメントにつなごうというのがこのイベントの趣旨だ。

暗い話題が多い中で、人々に笑顔をもたらすのもエンターテイメントの役割。そうした思いを胸にアプガ(仮)(2)(プロレス)の3組は、アップアップガールズの新曲「上へ、未来へ」を初披露。厳しいこともあるが前を向いていこうという歌詞を力強い歌とダンスで届け、番組は本格的にスタートした。
アプガ

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事