FOLLOW US

UPDATE|2020/05/04

北原里英「“抑える”のがオーバーリアクション気味な私の課題だった」女優としてぶつかった壁を語る

北原里英 撮影/土屋恵介

放送作家、演出家などの肩書を持つ西条みつとし作・演出によるハートウオーミング・コメディ舞台「HERO~2019夏~」(2019年上演)にヒロイン役で出演していた元AKB48メンバーで女優の北原里英。

今年6月、「HERO」が舞台と同一演出家・キャストに松尾諭と斎藤工を加え、『HERO~2020~』として映画化。そこで、再びヒロインを務める北原に、インタビューを敢行。2018年にアイドルを卒業し、女優として歩んできた約2年。彼女が感じた女優としての葛藤とは。(前後編の前編)

【写真】北原里英の撮りおろしカット&『HERO』場面写真

     *     *     *

──舞台「HERO~2019夏~」と映画『HERO~2020~』のオファーを受けたとき、どんな感想がありましたか?

北原 AKB48メンバーには、個人的に舞台を観に行っているような、西条(みつとし)さんのファンが結構多かったんですよ。なので、私が出演すると決まったときは「いいな~」ってうらやましがられました(笑)。そういう、周りの評判もあって、お仕事が始まる前から西条さんを勝手にすごく信頼していたんです(笑)。それから元AKB48グループメンバーのまりやんぬ(鈴木まりや)と岩田華怜ちゃんが偶然出ていた「ぼくのタネ2019」という舞台を観に行かせていただいたんですけど、心に響くものがあり、感動して泣いてしまったのを覚えています。

──西条さんの作風についてはどう思われましたか?

北原 こういう温かい作品をつくられる方なんだなって、一度観ただけで作風をしっかり感じることができました。そして凄いところは、面白いテンポで攻めるのに最後にしっかり泣かせにくるんですよ(笑)! 作品から西条さんの人柄も少し見えた気がします。

──その世界観に今度は自分が飛び込むということで、どんな思いがありましたか?

北原 今まで私が出させていただいた舞台とは作風が違うので、最初は私にできるかな? と少しドキドキしていました。これはチャレンジなんだっていう感覚でしたね。

──映画『HERO~2020~』は、舞台「HERO~ 2019夏~」のストーリーをそのままに、映画化した作品ですが、演技に関して変えた部分はありますか?

北原 大きく変えてはいないんですけど、約1カ月の舞台稽古と本番を経て、浅美という役が自分の中で結構ガチガチに固まってきてしまっていたんですよ。それは舞台をやる上で間違いではないんですけど、千秋楽を迎えてから1カ月空いて、いざ映画の撮影にインしたときに、それじゃいけないって気づいたんです。

AUTHOR

土屋 恵介

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事