FOLLOW US

UPDATE|2020/04/22

HKT48の田島芽瑠&松本日向、先輩後輩を飛び越えた“化学反応コンビ”の絆(前編)

松本日向、田島芽瑠 撮影/佐賀章広

4月22日に、約1年ぶりに新シングル『3−2』(さんひくに)を発売するHKT48。その選抜メンバーに選ばれた田島芽瑠と松本日向。2期生と4期生、そしてチームも違うのに「超仲良し」だというが、プライベートでは一体どんな話をしているのか!? そしてこれからHKT48の一員としてどう歩んでいきたいのか、本音を聞いた。

──2人の対談は、ちょっと意外な顔合わせですね。


田島 私たちもほぼ同年齢だよね?

松本 2000年生まれですよね?

田島 そう。でも、私は早生まれだから、学年は1つだけ上になるけど、ほとんど変わらない。でも、異色のコラボ感、ありますよね? 何か化学反応を起こしそうな感じが。アハハハ! 松本 仕事では、ほとんど絡みがないですもんね。

田島 そうだね。チームも違うし、こうやって一緒に選抜に入れたときぐらいしか仕事では絡まない。プライベートでは、たくさん遊んでいるんだけどね。

──そんなに仲良しなんですか?

松本 はい。よく遊びに誘っていただけるので、ホイホイついていきますね。

田島 人間って生まれた瞬間に「誘う側」と「誘われる側」に分かれると思うんですよ! 私は「誘う側」で、日向は「誘われる側」。だから合うのかもしれない。「誘う側」の人間って、たまに誘われるとダメなんですよ、モヤモヤしちゃって。

松本 私は誘われ待ちなので、誘いません(笑)。

田島 ね! こういう子は暇だったら、絶対に来てくれるんですよ。いい組み合わせだなぁ~。

松本 そもそものきっかけはゲームですよね。

田島 オンラインゲームをやっているうちに仲良くなった。

松本 急速に仲良くなりましたよね。

田島 家に泊まりに行って、タコパしたりね(笑)。 松本 部屋を真っ暗にして、ホラー映画を観たり(笑)。

──本当に仲良しなんですね。話している間、ずっと笑顔ですよ。

田島 日向って見ているだけで面白いの。(村川)緋杏もそうだけど、私、曲者が好きなんですよ、アハハハ!

松本 私としては、すごく自然なんですけどね。

田島 同い年の感じのときもあれば、めっちゃ年下に感じるときもある。

松本 あっ、同じです! めっちゃ年上に感じるときもあれば、友達みたいな感覚のときもある。だから、私としては、すごく自然なのに、客観的にみたら、この2人が仲良しっていうのは不思議に映るのかもしれないですね。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事