FOLLOW US

UPDATE|2020/04/29

現代版『東京ラブストーリー』赤名リカ役・石橋静河が語る「スマホ時代のすれ違い」

石橋静河

90年代恋愛ドラマの金字塔『東京ラブストーリー』が29年ぶりに現代版としてよみがえり、4月29日(水)よりFOD、Amazon Prime Videoにて配信がスタートする。

『東京ラブストーリー』は、1988年より『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された柴門ふみの漫画で、その後1991年にフジテレビでドラマ化された。“カンチ”こと永尾完治と赤名リカの切ないラブストーリーが当時社会現象となり、「(放送日の)月曜の夜は街からOLが消える」と言われた伝説のドラマだ。29年ぶりによみがえる現代版で赤名リカを演じる石橋静河のインタビューを2回にわたってお送りする。(2回連載の1回目)

【写真】今作で赤名リカを演じる石橋静河

     *     *     *

──『東京ラブストーリー』の赤名リカを演じることになって、最初に感じたことを教えてください。

石橋 大きな挑戦になりそうだな、という予感はしました。ただ、前作(91年)のドラマを観て育ってきたわけじゃないので、もちろんタイトルは知っていたんですけど、なかなか実感は湧かなかったです。

──最初は「有名なドラマなんだな」という漠然としたイメージで。

石橋 そうですね。はい。

──出演が決まった後、前作のドラマはご覧になりましたか?

石橋 実は観てないんです。ものすごい伝説のドラマじゃないですか。今回は時代も設定も変わっているのですが、前作を観ると影響を受けてしまうと思ったんです。でも、原作の漫画は読ませていただきました。

──あえて前作のドラマは観ないようにしたんですね。

石橋 当時と今では、みんなが求めている、共感できるラブストーリーは全然違ってくると思うんです。必然的にまったく違う作品になると考えましたし、2020年を懸命に生きる女性を演じられたらいいなと思っていました。好きになったり、あるいは嫌いになったり、心から信頼したり、裏切られたり、そういった人が人と向き合うことで起きる出来事は不変なので。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事