FOLLOW US

UPDATE|2020/04/23

『ゴッドタン』でブレイク、 本郷杏奈の軌跡(2)「地上波デビューで世界が変わった、でも…」

本郷杏奈 撮影/松山勇樹

『ゴッドタン』で「日本一の恥ずかしがり女子」「芝居ヤバイアイドル」としてバラエティの才能を開花させたタレントの本郷杏奈。グラビアでも活躍しており、今月17日(金)には1st写真集『Touch▽』(双葉社)を発売した。インタビュー2回目はバラエティでブレイクするまでの軌跡を聞いた。(4回連載の2回目)

>>(1)はこちら

【写真】本郷杏奈の“ナチュラルスマイル”インタビューカット

──2017年の元旦に放送した『爆笑ヒットパレード』(フジテレビ系)で、今田耕司さんおすすめのグラビアアイドルとして紹介されましたが、それが初めての地上波出演ですか?

本郷 そうです。元旦の生放送なので、みんなが見ていて、出演後は状況が一気に変わりました。

──どんな感じでお話があったんですか?

本郷 上京した年に「ミスiD2017」のオーディションを受けていて、その自己紹介動画を、たまたま今田さんが見てくださったみたいなんです。

──ミスiDまでチェックしている今田さんもすごいですね(笑)。

本郷 ですよね(笑)。それで「この子の素人感ヤバくない?」って思ったみたいで。確かにその動画はおどおどしているし、今自分で見ても大丈夫? って感じなんですけど、それのおかげで声をかけていただいて。こんなことがあるんだってビックリしました。

──そもそもミスiDはどうして受けたんですか?

本郷 事務所から「受けてみない?」ってお話をいただいたんです。正直、ミスiDの存在も知らなかったんですよ。個性の強い方が多いので、私で大丈夫かなと思ったんですけど自分なりに頑張ってみました。

──美人賞(キレイサローネ賞)を受賞した上に、今田さんに注目されて、しっかりと結果を残しているのがすごいですよね。『爆笑ヒットパレード』の生放送当日はいかがでしたか?

本郷 「生放送だからちゃんと寝なきゃ」と思いながらも、緊張で前の日は寝られなかったです。今でも録画保存をしてあって、たまに見返すんですけど、挙動不審だし、キョロキョロしているし。私は緊張すると唇を舐める癖があるんですよ。そのときも、めっちゃ舐めているんです(笑)。

──番組の反響はいかがでしたか?

本郷 家族も友達も喜んでくれましたし、これを観た他のテレビ番組からも声をかけていただきました。さらに初舞台「ソウサイノノチル」のオファーもあったんです。Twitterのフォロワーも数万単位で増えました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事