FOLLOW US

UPDATE|2020/04/26

こんなにあるの!? HKT48の公式ユニットを松岡はなが解説

撮影/佐賀章広 松岡はな



◎若手メンバーだけで結成され単独コンサートの実績もあるF24

F24メンバー
3期生、4期生、 ドラフト2期生、 ドラフト3期生全員

きっかけは2016年夏の全国ホールツアー。高知県と鳥取県で指原莉乃や宮脇咲良など主力メンバー不在のなかで、3、4期生ら若手メンバーが中心となってコンサートを開催。その1年後、再び若手メンバーでイベントを行ない、そこでF24というユニット名が発表された。9月には博多座でコンサート。「若手だけでコンサートができるのがうれしくて、がむしゃらに頑張りました」(松岡)。2019年1月には田島芽瑠、朝長美桜が離れ、新生F24で再び博多座でコンサートを開催。「(田中)美久ちゃんや私が引っ張っていかなきゃと責任を自覚して、大きく成長できました」(松岡)。


◎じゃんけん大会で優勝!HKT48の新センター運上弘菜と荒巻美咲のユニットfairy w!nk

fairy w!nkメンバー
荒巻美咲、運上弘菜

「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017」に出場するために結成。コンセプトは笑わないアイドルで、「平成のWinkを目指す」と宣言した。3期生の荒巻美咲が後輩4期生の運上弘菜を誘って結成。もともと笑顔を苦手としている2人は、「笑わないアイドルを作りたいね」と話していたという。予戦では運上が、本戦では荒巻がすべてのじゃんけんを担当し、見事に優勝。笑わないがコンセプトだったが、このときばかりは2人ともあふれんばかりの笑顔を見せた。そして2017年12月13日に『天使はどこにいる?』でCDデビューを果たす。翌年もじゃんけん大会に出場し、連覇を目指すと宣言してたが、本戦1回戦で残念ながら敗退。

※HKT48の非公式ユニットの紹介はこちらから


▽HKT48 13th シングル『3-2』が4月22日発売。通常盤TYPE Aのカップリングには、Chouのオリジナル曲『キスの花びら』、通常盤TYPE BのカップリングにLit charmのオリジナル曲『How about you ?』が収録される。
AUTHOR

関根 弘康


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事