FOLLOW US

UPDATE|2020/05/04

ラストアイドルの軌跡 (1)「個々で争い続けた1stシーズン、ユニット対抗の2ndシーズン」

ラストアイドル

他のグループとは一線を画し、独自路線を追求するラストアイドル。近年は全員で「団体行動」や「最高難度ダンス」といった課題に取り組み団結力を高めていたが、約1年ぶりにオーディションバトルが復活し、総勢44名のうち選抜メンバー18名で最新シングル『愛を知る』の表題曲を歌唱する。ますます盛り上がりをみせるラストアイドルだが、彼女たちの歩んできた歴史はどんなものだったのか? 番組のシーズンごとに振り返る。(2回連載の1回目)

まず、改めてラストアイドルの成り立ちについておさらいしておきたい。トップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきた秋元 康が“究極のアイドルグループ”を誕生させるべく、2017年8月よりオーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)を放送開始。そこから生まれたグループの総称が「ラストアイドル」だ。現在は「LaLuce」をはじめ全7ユニットで構成されている。

【関連画像】選抜メンバーTOP3のスタイルが際立つカット

    *     *     *

<1stシーズン>(2017年8月~12月)
17年8月に秋元康プロデュースによる“究極”のオーディション番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)がスタート。プロアマ問わないという前代未聞の応募条件だった。オーディションの形式はまず「暫定メンバー」7人が登場し、そこに毎週「挑戦者」という名の刺客が現れ、1対1のパフォーマンスバトルで対決するというもの。挑戦者が勝利すれば即メンバー入れ替えとなり、最後まで勝ち残れば華々しいデビューが約束された。

初代暫定センターだった間島和奏は2度に渡って挑戦者を退けるも、3度目の対戦相手となった阿部菜々実に敗北。その後阿部は最後までセンターの座を死守した。また、長月翠は一度敗れたが、暫定メンバーの辞退により再び立ち位置5番に返り咲くという予想外の展開に。

最終的に勝ち残った7人はシングル『バンドワゴン』で17年12月にデビューを果たす。カップリング曲はオーディションに敗退したメンバーによる“セカンドユニット”が担当することとなった。


1st Single『バンドワゴン』
2017年12月20日リリース。1stシーズンのバトルで勝ち残った阿部菜々実ら7人が「ラストアイドル」名義で歌唱した。

CREDIT

取材・文/左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事