FOLLOW US

UPDATE|2020/05/20

マジカル・パンチライン 吉澤悠華インタビュー(1)「芸歴16年、高校生で飛び込んだアイドル界」

吉澤悠華 撮影/荻原大志

2016年に結成されたアイドルグループ、マジカル・パンチライン。2018年4月にリーダーの佐藤麗奈が卒業。2019年に新しいレコード会社へ移籍、同年2月には新メンバーが加入するなど、第3章が始まった彼女たち。今年2月には待望の1stフルアルバム『MAGiCAL SUPERMARKET』も発売され、オリコンウィークリーランキング8位獲得するなどこれからの活躍に期待がかかる。

今回は、加入から1年が経過した吉澤悠華にインタビューを実施。アイドルとしての経験は浅いものの、芸歴は約16年というベテランの彼女のこれまでを追った。(2回連載の1回目)

【写真】吉澤悠華の貴重な幼少期写真&アザーカット

     *     *     *

──吉澤さんは16歳ながら芸歴が長いと伺いました。

吉澤 0歳7カ月でモデル活動を始めたので約16年ですね(笑)。最初はお母さんの知り合いの紹介で始めたんですけど、その後、モデル事務所に所属して中1まで活動していました。

──今の事務所に所属したきっかけは何だったんですか?

吉澤 徐々に演技に興味を持ち始めたんですけど、所属していたモデル事務所には演技レッスンがなかったため、事務所を辞めました。それで『ニコ☆プチ』の読モ(読者モデル)やキッズブランドのカタログモデル、子供服のオンラインショップのモデルなどをやっていたんですけど、そんなときに今の事務所にスカウトしていただき、演技のレッスンを始めました。一緒にマジパンに加入した吉田優良里ちゃんは演技レッスンで知り合って、当時から仲が良かったんです。

──赤ちゃんの頃から途切れることなく芸能活動を続けてきたんですね。『ニコ☆プチ』の読者モデルはどういうきっかけで始めたんですか?

吉澤 もともと愛読していたので、自分で応募しました。読モをやっていた頃は自主的にウォーキングレッスンに通ったり、ポージングを研究したり、お母さんと一緒に洋服を選んだり、かなり熱心にやっていましたね。同世代の女の子からファンレターが届くのもうれしかったです。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/荻原大志

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事