FOLLOW US

UPDATE|2020/05/30

クロちゃん・自粛中アイドルは、SNS配信によって「より“素の状態”が見えるようになった」

クロちゃん

バラエティ番組ではドッキリを仕掛けられ、ネットでは大炎上。お騒がせ芸人クロちゃんが大好きなアイドル文化についてお題に沿って持論を語る当連載。今回は、未曾有の国難、新型コロナウイルスの影響で生活がガラリと変わってしまった今、改めてアイドルが持つ「パワー」について……。

【写真】見た目からしてあまりにも異次元なクロちゃんの自炊料理

本当に大変なことになってきましたね。もちろん新型コロナウイルスのことです。僕も仕事に関してはヤバいことになっていますね。なにしろ営業は全部飛んだし、テレビ収録もほとんどないわけですから。

だけどプラスの面も少しはあるんですよ。まず住んでいる部屋を掃除したし、自炊するようになった。「なんだ、そんなことかよ」って笑われるかもしれないけど、僕にとってはすごく大きな一歩なんです。

今の部屋に引っ越して14年くらいになりますけど、料理なんてしたことなかったですからね。いかんせんキッチン回りが汚すぎて、料理できる環境じゃなかったんです。健康系の番組で、お医者さんから「自炊をしなさい」と説教されたこともありました。そのときは「絶対します!」なんて答えていたけど、正直する気もなかった(苦笑)。

それに外食していると、どうしても食べたものをSNSにアップし忘れることもあるじゃないですか。そうすると「隠れて食べていた」とか非難されて、嘘つき呼ばわりされてしまう……。だから満を持して自炊に踏み切ったと言えるわけです。

もっとも今のところ、料理の評判はめちゃくちゃ悪いですけどね。「汚ない色だな。絶対マズそう」とか非難轟々で。こうなったら料理の腕を磨いて、可愛らしいキャラ弁を作れるくらいまでになりたいですね。そして毎日タマネギを切り刻んで、血液サラサラにしてやります!

あと自宅からリモートでテレビ出演もしました。『スッキリ』(日本テレビ系)のクイズコーナーです。このときはたった3分の動画を撮るのに、3時間くらいかかったんですよ。僕、ものすごい機械音痴なんです。それでオンエアを観たら、加藤浩次さんが途中で「(水卜麻美アナ、近藤春菜ちゃん達が無表情になるので)VTR止めろ!」とか言うものだから、実質は1分くらい。愕然としました。

基本的に僕は他人に依存しながら生きてきた人間。結婚相手に求める条件は「ギャル」とか「20歳〜24歳」とかいろいろあるんですけど、「パソコンが得意」とか「車の免許を持っている」というのも同じくらい大事でした。努力は絶対にしないと決めていましたからね。そんな僕が自分1人で収録したことで、なんとも言えない充実感があったんです。責任感が芽生えた。20年芸人やってきましたけど、こんな感覚は初めてですよ。つまりこれはコロナによって僕自身の考え方が変わったということだと思うんです。
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事