FOLLOW US

UPDATE|2020/06/10

リモート演劇出演が話題のHKT48田島芽瑠(前篇)「オーディションもZoomでした」

リモート演劇公演に出演したHKT48田島芽瑠

HKT48の田島芽瑠が、Web会議アプリのZoomを使って演劇を生配信した劇団ノーミーツの演劇長編作品『門外不出モラトリアム』に出演し、その好演が話題になった。自粛期間中の新しい試みにどんな手応えを感じたのか、また厳しい状況が続く今、現役アイドルとして何を思うのか…。リモートインタビューで「今の気持ち」をたっぷりと語ってもらった。

【写真】HKT48田島芽瑠が出演したリモート公演『劇団ノーミーツ』

自粛期間中、活動が大幅に制限されたエンターテインメント業界で、大きな話題となった存在が「劇団ノーミーツ」だ。

ノーミーツとは「NO密」や「濃密」といった今ならではのキーワードとかけた劇団名だが、もっとも特徴的のはまさにno meets……出演者は一度も会ったこともなければ、舞台上で顔を合わせることもない、という部分。

実はこの劇団、Web会議アプリのZoomを使っての演劇を配信しているのだ。

演者たちは自宅から「出演」。共演はしているけれど、実際に顔を合わせることはないし、観客もまたZoomの画面越しに観劇をする。すべての面において「3密」を完璧に避けたシステムは閉塞状態にあった演劇業界から「その手があったか!」と注目されまくり、5月23日と24日に配信された初の長編作品『門外不出モラトリアム』は好評につき、5月31日に追加公演まで行なわれた。劇場がなくても、興行的に成功を収めるという革命が起きたのだ。

その『門外不出モラトリアム』に出演したのがHKT48の田島芽瑠だ。

「TikTokのおすすめでノーミーツさんの『Zoom飲み会してたら怪奇現象起きた…』という短編作品を知ったのがきっかけです。最初はお芝居だと思わなくて、本当に起きたことを投稿したものだと思っていたんですよ。それが調べていったら、Zoomを使ったリモートでのお芝居をやっている劇団だと分かって、しかも長編の舞台を予定していてオーディションを開催する……どうしても受けたい!と思って、書類選考からオーディションを受けさせていただきました」(田島)

AUTHOR

小島 和宏

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事