FOLLOW US

UPDATE|2020/07/08

たこやきレインボーのおうち時間インタビュー(1)「配信始めてから良い食生活を送るようになりました」

たこやきレインボー



──彩木さんが中心となって制作した『一緒に帰ろう』は、MVが公開されるとネットニュースに取り上げられるなど大きな反響を呼びました。そもそもどういういきさつで作ることになったんですか?

彩木 自粛期間中に何か私に出来ることがないかスタッフさんと相談したときに「曲作ってみたら?」って提案してもらったので作らせていただきました。

──自分で作詞作曲した曲を披露するのは初めてだったんじゃないですか?

彩木 作詞はしたことあったんですけど、自分で作曲した曲を表に出すのは今回が初めてでした。でも作曲の知識はホンマになかったので、やっぱり曲を作るのはめちゃめちゃ難しかったですね。

 でもスゴイなぁ。詞やったら書こうと思えば書けるかもしらんけど、曲作るってなると……。

──皆さんは初めて聴いたときどう思いました?

 (メンバーに)なんか嬉しかったよな? 歌詞がすごいたくさんの方が共感できる内容になってると思うんですけど、「当たり付きのアイスみんなで食べる」とか、ウチらやからこそ分かるシーンも多くて。メンバーの顔が浮かんでくるような歌詞になってたので、ちょっと嬉しかったしちょっと恥ずかしかったです(笑)。「咲良普段こんなこと思ってんのか!」って(笑)。

彩木 ハハハッ(笑)!

──詞には自分の想いが出ちゃいますからね(笑)。MVのほうも伴奏をリモートでつけたり振り付けが手話だったりとこの時期ならではの内容になっていましたが、どういう流れで作っていったんですか?

彩木 MVはスタッフさんと相談して作ることに決めました。それで「なにわンダーたこ虹バンド」っていう以前バックバンドをしてくださった方達がいらっしゃるんですけど、その方達に伴奏をお願いしたら快く「いいですよ」って言ってくださって。バンマスのユニコーンの手島いさむさんが中心となってリモートで伴奏を付けてくださりました。

──振り付けはなぜ手話でやることにしたんですか?

彩木 この自粛期間中にたくさんニュースを観たんですけど、よく手話が付いてたじゃないですか? それを見て改めて手話の大事さを感じて、この曲に手話を付けたらよりたくさんの方に届けられるんじゃないかと思ったので手話にさせていただきました。

──振り付けをすべて手話でやるのは今回が初めてだったそうですね。実際にやってみてどうでした?

清井 今回HANDSIGN(ハンドサイン)のTATSUさんっていう方に振り付けしていただいて、レッスンもオンラインで教えてもらったんですけど、手話ってちょっとの動きの違いで意味が真逆になっちゃったりするんですよ。だからめっちゃ難しかったです(笑)。

春名 順番に1対1でもレッスンをしていただいて、1つひとつの意味とかも説明しながら教えてくださったので私達もすごい勉強になりましたし、理解しながら覚えることができました。


▽たこやきレインボー『恋のダンジョンUME』
発売日:7月8日(水)
AUTHOR

剛 鎌形


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事