FOLLOW US

UPDATE|2020/07/06

『日向坂で会いましょう』第2回学力テスト完結、松田好花と渡邉美穂の友情に「青春」を見た

アイドル番組定点観測 第72回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第72回となる今回の観測期間は6月29日(月)~7月5日(日)。

     *     *     *


多くのアイドルファンが固唾を呑んで見守った『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)の「第2回学力テスト」が7月5日(日)放送回でついに完結。珍回答が続出した事前ペーパーテストから白熱の早押しクイズまで、4週連続という長期企画にも関わらず冗長にならず、最終週も笑いと涙が詰まった濃密な放送となりました。

中でも筆者がグッときたポイントは、松田好花と渡邉美穂の絆でした。松田は事前ペーパーテスト3位の好成績を収めながら早押しで苦戦し、感情的になる場面も。最終的になんとか10位で勝ち抜けたものの、その目は真っ赤に。

MCのオードリー・若林正恭から「メンタルだいぶやられてる感じの表情だった」と話を振られると、松田は「はい、もうやられてて。さっき渡邉美穂からチャットでも『頑張れ』って送ってきてくれて……」と涙腺崩壊。互いに“負けず嫌い”を自認する同い年ペア「わくわくピーナッツ」(=2人のコンビ名)がリモート収録の裏側で支え合っていたって、なんて感動的なエピソード! 前回のコラムでも書きましたが、バラエティ番組の1企画に対して日向坂46メンバーが泣くほど本気で取り組み、時に友情を確かめ合い……これを「青春」と呼ばずして何と言う!

学力テストは見どころが多過ぎて他にも書きたいことは山ほどありますが、しいてもう1点挙げるなら「天才まりもとくん」でしょうか。メンバー皆早押しボタンに落書きをしたり写真を貼ったりして細工をしていた中、新3期生・森本茉莉のボタンには「天才」と書かれた札がペタリ。「天才」と自称してしまうところが絶妙におバカっぽいし、しかもクイズで「高輪ゲートウェイ」のことを「なんちゃらステーション」と答えたのを見て「この子は裏切らないな」と思いました。

オードリーの2人も「『天才』ってのが面白くなってくるね」「『天才』いいよね。アレぐらいがちょうどいいな」「シンプルに直球(笑)」と森本を絶賛。今後、「変化球」が売りの上村ひなのに対するカウンター的存在として「直球・森本茉莉」が成長してくると日向坂46はもっと面白くなりそう!

AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事