FOLLOW US

UPDATE|2014/05/19

ご当地で観るローカルアイドルは別物―ひめキュン運動会現地レポ後編

 5月4日に愛媛・松山で開催された、ひめキュンフルーツ缶定期公演「春の大運動会」。ひめキュンのメンバーとファンが5組に分かれ、各競技で競ってきた運動会も、最後はリレーで雌雄が決される。

 ここでは1位に100ポイントが加算されるということで、実質このリレーで優勝が決まることに。まだ種目に参加していない選手と、各チームから選抜された選手、それに団長であるメンバーが参加。赤組は小さい女の子が第一走者に。果たして他の走者は多少なりとも手加減するのかと思いきや、残酷なまでに各走者が本気の疾走! この空間にいるファンならぬ選手が、皆気分は小学生に戻ってしまっているのだから致し方なし!

 黄組が大差をつけて、ラスト走者の奥村団長に繋ぐ。2位と1周近くの差がついていたので、ラスト走者(各チームの団長であるひめキュンメンバー)は2周が課せられているとはいえ、奥村団長が余裕のゴールイン。ここまで、数々の試練を与えられてきたフェアプレーが信条の黄組だったが、最後は「正義は勝つ」とばかりに大団円の逆転優勝。そんな中、赤組の第一走者の女の子が、自分のせいでリレーに負けたと思い込んだのか泣いていると、他の赤組の選手達と共に、その頭を撫でながら慰める岡本団長の姿も美しく印象的だった。

 ライブの最後を飾るのは、ひめキュンのライブに欠かせない名曲『バズワード』、そして『例えばのモンスター』。特に『例えばのモンスター』では広いスペースを活かしての、空前絶後に大きなサークルを作ってのオーイング。そこから定番である、オタがステージに猛ダッシュしての、メンバーのコールが、この広さだからこそ許されるはっちゃけ具合で、春の大運動会を終えるのに相応しい盛り上がりとなった。

 結果発表では1位が発表されるや、黄組が飛んで叫んでの大はしゃぎ。そして奥村団長を囲んでの真友里コール。何がもらえるでも、得することがあるわけでもないのに、大の大人たちの、この無邪気な喜びよう! アイドルってやっぱり凄い!! 盛り上がりの輪の中心である奥村団長は少し戸惑っていたようなリアクションではあったが……(ちなみに、何となく黄組視点の文章になってしまいましたが、あくまでネタですよ!)。

 これで終わると思いきや、余ったTシャツをメンバーがステージ上から全て投げまくって大放出。しかも何十枚単位! 最後の最後まで、どれだけ盛り沢山なイベントなのだろう。
 

RECOMMENDED おすすめの記事

RANKING 人気の記事