FOLLOW US

UPDATE|2020/07/22

SNSのフェチ天使・くりえみ「グラビアは天職、初めから露出をすることが楽しかったんです」

くりえみ 撮影/松山勇樹



──グラビアは始める前から興味はあったんですか?

くりえみ 千葉の超地味な中学生だったので、グラビアという仕事すら知らなかったです。スカウトのときに、「グラビアができるなら絶対に事務所に入ってほしい」と言われて、「やります!」って感じでした。

──グラビア活動に対して、親は何も言ってこなかったんですか?

くりえみ それが意外にグラビアを見たら「可愛いじゃん」って反応で、「好きなことならいいんじゃない」って言われて、特に反対はされなかったです。

──アイドル活動はいかがでしたか?


くりえみ メンバーはいい子たちばかりだったんですけど、私は団体行動が苦手でしたし、一人で勝負したいって気持ちが強くて、あまり向いてないなと思っていました。それでも丸4年ぐらい活動していたんですけど、これ以上続けられないと思ってグループを卒業したのが約2年前の2018年4月です。

──アイドル活動をしていた間も、女優になりたい気持ちは強かったんですか?

くりえみ 女優をやりたい気持ちはあったんですけど、アイドル活動に集中していると、「このグループが全て」って盲目的になってしまうんです。他のことが考えられなくなって、グループ卒業後の将来のことを考える余裕もなかったです。

【あわせて読む】SNSのフェチ天使・くりえみ「フリーになった時、SNSを使って有名になろうと心に誓ったんです」


▽くりえみ
2014年から2018年までアイドルとして活躍したのち、フリーでコスプレやグラビア写真をSNSに投稿。透き通る柔肌とドールのような丸く大きな瞳、男心をくすぐるフェチ写真に“SNSのフェチ天使”と称される。現在、フォロワー数はTwitterが24万人、Instagramは68万人超え。さらに、YouTubeでの動画投稿や、様々な雑誌に出演するなど活動の幅を広げている。
Twitter:@kurita__emi
Instagram:kurita__emi
公式サイト(https://www.kuriemi.com/

▽最新出演情報
7月29日『ハレム』グラビア掲載
8月5日『アサ芸secret』グラビア掲載
8月12日『ヤングアニマル』グラビア掲載
8月18日『ヤングチャンピオン烈』グラビア掲載
8月28日 DVD『くりえみとの7つの出会い方』(リバプール)
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事