FOLLOW US

UPDATE|2020/07/30

舞台「鬼滅の刃」で注目、高石あかりインタビュー「『私は女優になる人間なんだ』と思い込んでいました(笑)」

高石あかり 撮影/荻原大志

舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 3~」「鬼滅の刃」など話題作に出演し、その名前を広めた女優・高石あかり(※高橋の「高」は「はしごだか」が正式表記)。笑顔輝く漫画キャラクターのようなルックスの彼女は一体どんな人物なのか。女優を目指したきっかけやこれまで出演した舞台のことを中心にお話を聞きました。(2回連載の1回目)

   *     *     *

──高石さんは『鬼滅の刃』(20年)や『おそ松さん』(19年)といった2・5次元舞台作品に立て続けに出演し、現在注目度急上昇中です。

高石 ありがとうございます、この状況に自分自身が一番びっくりしています! 2・5次元舞台を通して多くの方に私のことを知っていただけて、すごくうれしいですね。

──元々高石さんは16~18年にダンスボーカルグループの一員として活動。その後19年4月から女優として本格始動したわけですが、その経緯を教えてください。
>
</strong高石 私、保育園くらいの頃からずっと「女優さんになりたい」と言っていたんです。ダンスボーカルグループに加入して活動しているときはそれに本気で取り組んでいたんですけど、卒業後「私は何がやりたいんだろう」と考えたときに、「やっぱり女優さんになりたい」と。

──小さな頃からの夢をかなえたいと改めて思ったわけですね。

高石 はい。夢、と言うか……小さな頃の私は「女優さんになりたい」というより「私は女優になる人間なんだ」と思い込んでいて(笑)。

──保育園の頃から!?

高石 そうなんです。周りの子たちが「ケーキ屋さんになりたい」「消防士さんになりたい」って言っている中、私は「女優になる!」と断言していました!

AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事