FOLLOW US

UPDATE|2020/07/30

舞台「鬼滅の刃」で注目、高石あかりインタビュー「禰豆子ちゃんを届けるためにはどうすればいいか、すごく研究しました」

高石あかり 撮影/荻原大志

舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 3~」「鬼滅の刃」など話題作に出演し、その名前を広めた女優・高石あかり(※高橋の「高」は「はしごだか」が正式表記)。笑顔輝く漫画キャラクターのようなルックスの彼女は一体どんな人物なのか。女優を目指したきっかけやこれまで出演した舞台のことを中心にお話を聞きました。(2回連載の2回目)

>>(1)「『私は女優になる人間なんだ』と思い込んでいました(笑)」はこちら

   *     *     *

──さて、高石さんは舞台『鬼滅の刃』で竈門禰豆子役を演じました。大人気漫画の舞台でヒロインを演じてみて、いかがでしたか?

高石 最初はもうプレッシャーしかありませんでした(苦笑)。でも、大好きな作品だったから「絶対にこの役を掴むんだ!」とオーディションに臨んで役をいただくことができたという経緯もあったので、喜びを感じながら舞台に立ちました。

──禰豆子役も簡単な役柄ではなかったと思います。

高石 禰豆子ちゃんには3つのキャラクターがあるんです。一番最初の優しい禰豆子ちゃん、凶暴な鬼になった禰豆子ちゃん、そしてきょとんとした禰豆子ちゃん……この3つの演じ分けは強く意識しましたね。でも、鬼になって叫んだ経験なんてないから難しくて!

──確かに(笑)。

高石 なので、アニメ版で禰豆子ちゃんを演じた(声優の)鬼頭明里さんの声を参考にして。……でも、ただ鬼頭さんの真似をするだけでは舞台化の意味がないと思ったので、観に来てくださるお客様に禰豆子ちゃんを届けるためにはどうすればいいのか、すごく研究しました。

──禰豆子の特徴である竹の口枷を付けての演技も大変だったのでは?

高石 最初は大変でしたけど、最後はもうお友達になっていました! 2個用意していただいたものの、途中から「この子だけを愛そう!」と1個に絞って(笑)。なので千秋楽が終わって口から外したときは、「もうこの子とおさらばしなきゃいけないんだ」とすごく寂しい気持ちが湧いてきました……。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事