FOLLOW US

UPDATE|2020/07/27

SKE48の次世代ユニット「カミングフレーバー」オンライン生演劇が無事千秋楽、トークショーにクロちゃんが乱入

カミングフレーバー「真夏のZoomミステリー『罪TO罰』」

SKE48の8期生、9期生、ドラフト3期生の若手だけで構成された次世代ユニット「カミングフレーバー」が、ビデオ会議システム“Zoom”を利用したオンライン生演劇「真夏のZoomミステリー『罪TO罰』」に出演、7月26日(日)に無事千秋楽を迎えた。

【写真】カミングフレーバー「真夏のZoomミステリー『罪TO罰』」公演の様子

カミングフレーバーの9名は2グループに分かれて、昼公演にBグループ(青海ひな乃、鈴木愛菜、田辺美月、野村実代、西満里奈)、夜公演にAグループ(赤堀君江、大谷悠妃、野村実代、中野愛理、平田詩奈)が出演。

今作はカミングフレーバーのために書き下ろしされた新作公演で、今大きな社会問題となっている「匿名による誹謗中傷問題」をテーマに描いたミステリー。

メンバーそれぞれの自宅から“Zoom”を利用した中継となり、登場人物5人中4人が白壁の背景に統一されており、1人は声のみの出演ということで、表現力を求められる芝居となった。看護師・間中あいか役の野村実代は、千秋楽公演で自分の過ちに対して懺悔の涙を流す演技を披露。青海ひな乃も狭い画面をいっぱいに使い表情豊かに演じた。学生の舘野恵利役・大谷悠妃は「2日目から覚醒した!」と赤堀君江、野村実代から評され、ヒステリックに怯える表情を見せた、先生・吉見みくり役の西満里奈は、同じグループの鈴木愛菜から「とにかく全体的に上手!」と絶賛されていた。

4人に恨みをもつクマとして、赤堀が自殺したタレント萩野美晴の妹役を、なにをしでかすかわからないサイコパスな声音で演じ、野村は母親役として、17歳ながら50代を意識したドスの効いた声音で演じ、各チームごとの特色を出した。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事