FOLLOW US

UPDATE|2020/07/28

『乃木坂工事中』内輪ウケモノマネで4期生・賀喜遥香らが度胸発揮、コントで鍛えられた成果か?

アイドル番組定点観測 第75回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第75回となる今回の観測期間は7月20日(月)~7月26日(日)。

     *     *     *

7月26日(日)放送『乃木坂工事中』(テレビ東京)での「第3回内輪ウケものまね大賞」は従来の芸達者メンバーに加え4期生が活躍。賀喜遥香と早川聖来の関西人コンビが互いをモノマネでイジり合う構図は微笑ましかったですね。と言うか、先輩たちも見守る中で一発ギャグ的なことをやるのって相当度胸がないと難しいと思うんです。そんな中でもしっかりとネタをやり切ることが出来たのは、やはり6月から放送がスタートしたコント番組『ノギザカスキッツ』(日本テレビ)で鍛えられた成果なのかな?と思ったりしました。

ちなみに早川が披露したモノマネ「ワイプの中の賀喜遥香」(眉とアゴが特徴的)は本当に似ているんですよね。これは以前当コラム#71(6月30日公開記事)でも書いたのですが、『ノギザカスキッツ』のHulu版コンテンツ『ノギスキマチソワカン』においてVTRを見ているときのメンバーの表情が堪能できるので、ぜひ賀喜の困り眉とアゴに注目して、早川のモノマネと比較しながら見ていただきたい!

AUTHOR

左藤 豊

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事