FOLLOW US

UPDATE|2020/08/01

【ライブ詳報】日向坂46がファンタジックな世界観の配信ライブ開催、9月に1stアルバムリリースも発表【写真28点】

撮影/上山陽介



「この世界を元に戻そう!」と改めて誓いあったメンバーたち。続いて訪れた“雨の止まない街”で出会ったのは、泣き虫なトラだ。「このまま雨が止まないと、みんなが楽しみにしているお祭りが中止になってしまう」というトラの話を聞いた彼女たちは、自分たちの思いを伝えるように『君のため何ができるだろう』を披露する。センター丹生明里の優しい表情が周囲に広がっていくように、傘を使ったダンスで温かな空気を作り出した。

舞台スクリーンに空まで延びる高い塔が映し出されると、1期生がタオルを手に登場。疾走感たっぷりの『好きということは…』を歌いだす。それぞれの場所でタオルを振りライブを楽しむおひさまたちの姿もスクリーンいっぱいに映され、一体感が高まっていった。塔を登る演出から“空の世界”に到着したメンバーたち。2期生の富田鈴花が軽快なラップを繰り出したあと、メンバーは「画面の前のみんな盛り上がってるか〜?」と次々に煽ってみせる。ここからは『誰よりも高く跳べ!』『NO WAR in the future』と盛り上がり必須のキラーチューンを連発。画面越しの視聴者に向けて、パワフルなダンスを届けていった。

“空の世界”にある雨雲リセットバーを見つけだし、無事雨を止ませることに成功した彼女たち。街に戻ると、泣き虫なトラもご機嫌で踊りだし、パーティが開かれる。ここで披露されたのは加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒、富田鈴花、渡邉美穂によるユニット曲『窓を開けなくても』だ。歌唱メンバー以外も、テーブルや椅子を使ったパフォーマンスで幸せに満ちたお祭りに加わった。

会場の換気タイムを経て、メンバーによるインタラクティブタイムへ。ここでは抽選で選ばれたファンクラブ会員約2000人とメンバーがリモートでつながり、トークを楽しむ。メンバーは、ファンとの久々のコミュニケーションに笑顔を弾けさせた。また新3期生は自己紹介を行い、それぞれフレッシュな魅力をアピールした。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事