FOLLOW US

UPDATE|2020/08/02

【ライブ詳報】和田彩花セルフプロデュースでソロワンマンライブを開催【写真15点】

和田彩花

和田彩花が、8月1日(土)に東京・Zepp Tokyoでワンマンライブ『和田彩花 2020 延期の延期の延期』を開催した。

【関連写真】自身が作詞した曲を披露、和田彩花ソロライブの模様【15点】

和田は、本来であれば2月から3月にかけて初のソロツアーを開催する予定だった。初日の愛知・Zepp Nagoyaは開催できたものの、新型コロナウイルスの影響でその後の大阪公演は中止、東京公演は延期となった。

本公演は、タイトルにもあるように3回の延期の末に実現した東京でのソロ初ワンマンライブ。そして、ライブ当日の8月1日は和田の26歳の誕生日となる。新型コロナウィルス感染拡大防止を考慮し、キャパシティー2800人の会場に400人の観客を動員。またライブの模様は、uP!!!オンラインライブで有料配信され、全国のファンが和田のステージを観覧した。

和田はバンドメンバーとともにステージに登場すると、オープニングのインスト曲に続けてフランス語詞の『Une idole』を歌唱しライブをスタート。透明度の高いミディアムポップチューンで、観客は一気に彼女の世界観に引き込まれていった。そして、「少しの寂しさとともに」では切ないメロディをうねりのあるサウンドを届けていく。かわいらしさと強さを合わせ持つ和田のボーカルが、タイトかつしなやかな演奏と合わさってエモーショナルな音楽となって観客の心を掴んでいく。観客は、歓声の代わりに和田へ熱い拍手を送った。

今回のライブで披露される楽曲は、全て彼女が作詞を担当したもの。公演自体も、和田のセルフプロデュースである。彼女とともに音楽を届けていくバンドメンバーは、あらかじめ決められた恋人たちへの劔樹人がベース兼バンマス、ギターは同じくあら恋のオータケコーハン、キーボードはVOLA & THE ORIENTAL MACHINEの楢原英介、ドラムはコレサワのサポートメンバーのUという強力な布陣だ。

和田彩花 

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事