FOLLOW US

UPDATE|2020/08/16

秋元才加が語るハリウッドデビュー「急に主張の強い女になりました」

秋元才加

本格的なミリタリー描写とドラマチックな展開を両立し、根強い人気を誇る戦争アクションシリーズの最新作『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』が8月14日(金)より劇場公開されている。ベテラン狙撃兵のトーマス・ベケット(トム・べレンジャー)が米国政府から指令を受け、極秘任務を遂行する第1作目から27年となる長寿シリーズの第8作で女優・秋元才加がハリウッドデビューを果たした。CIA、ロシアの傭兵、ヤクザから訓練を受けた謎の暗殺者ユキ・ミフネ(レディ・デス)を演じ、本格的なガンアクションにも挑戦した撮影の裏側とAKB48時代のメンバーとの交流について語ってもらった。(前後編の前編)

【写真】シャンパンゴールドのドレスを着てスタイル抜群の秋元才加

──映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』でハリウッドデビューを果たした秋元さんですが、どのような経緯で出演することになったんですか。

秋元 最初、『山猫は眠らない』シリーズで日本人スナイパーの役を探してるということで、オーディションを受けてみませんか?とお声がけをいただいたんです。私は、そのときに初めて『山猫は眠らない』という作品を知ったんですよ。でも、チャンスがあるんだったら挑戦してみたいと思って、オーディションを受けることにしました。ビデオオーディションでアクションの動画を撮ったり、英語の発音テストがあったり。そうしたものを送って、最終的に“レディ・デス”ユキ・ミフネ役が決まったんです。
AUTHOR

土屋 恵介


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事