FOLLOW US

UPDATE|2020/08/20

NMB48渋谷凪咲が“卒業におわせ発言!?”新曲リリース記念配信特番レポート

(C)NMB48

大阪・NMB48劇場で『NMB48 23rdシングル『だってだってだって』発売記念特番!なぎさの部屋?』が19日(水)に行われ、23rdシングル選抜メンバー16名が出演。「NMB48 LIVE!! ON DEMAND(DMM)」と「NMB48 Youtubeチャンネル」で生配信された。

【写真】浴衣姿でトークを繰り広げる渋谷凪咲、山本彩加、梅山恋和ほか

MCは渋谷凪咲が務め、“なぎさの部屋”に訪れる選抜メンバーとのトークを繰り広げた。まずは貞野遥香、新澤菜央、原かれん、横野すみれが登場し、渋谷への悩み相談などを繰り広げるなか、「発表まであと5分」と意味深なカウントダウンが始まった「何!? 何!?」とざわつくメンバーたち。時間になるとLAPIS ARCHの梅山恋和、上西怜、山本彩加が登場。『だってだってだって』の通常盤及びTypeDに収録されている『好きになってごめんなさい』のミュージックビデオをフルサイズで公開した。この『好きになってごめんなさい』は吉本坂46 CHAOのカバーだけに、梅山は「CHAOは一番のライバルなので頑張っています!」と闘志を燃やした。

次は川上千尋、南羽諒、安田桃寧が”なぎさの部屋“へ。渋谷への苦情などで盛り上がり、2回目のカウントダウンへ。こちらでは、タワーレコード難波店、ジョーシン/ディスクピア日本橋店、TSUTAYA EBISUBASHI、タワーレコードアミュプラザ鹿児島店の4店舗で『だってだってだって』の展開を生中継。NMB48のパネル設置やポスタージャックなどの様子をオンラインで伝えた。

続いて加藤夕夏、上西怜、小嶋花梨とのトーク後は「チームBIIからのお知らせです」と小嶋。収録されているチームBIIの『Be Happy』のMVをどうしても作りたかったと小嶋自身が初めて監督を務め、スマホ撮影で自主制作した同曲MVを初公開。「プロデュースの幅を広げたかった」という小嶋は、「メンバーたちの自粛期間中の生活を想像して、それぞれのカットを考えました」と制作を振り返った。振付は加藤が担当しており、「BIIのメンバーがこういうふうに動いたらかわいいだろうなと考えながら振付をして楽しかったです!」と笑顔を見せた。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事