FOLLOW US

UPDATE|2020/09/12

“変心”村重杏奈がHKT48の精神的支柱になった理由「ふざけるだけじゃなくて、グループを守りたい」

HKT48 村重杏奈

今年9周年を迎えるHKT48。秋には新劇場のオープンも控え、HKT48はどう動き出しているのか…ドキュメンタリー形式で綴る短期集中連載がスタート。長年グループの活動を追い続けてきた元『週刊プロレス』記者で、『活字アイドル論』『ももクロ独創録』など多くの著書を持つ小島和宏氏がメンバーへの徹底取材を行い、HKT48の「今」に迫る。第二回目は、1期生の村重杏奈の「変心」について本人、そして松岡菜摘が証言する。(毎週土曜日午前7時公開)

【第一回目はこちら】HKT48村重杏奈&松岡菜摘が、新劇場オープンに向けて本音を吐露「待っているだけではいけない」

【写真】HKT48の配信ライブの様子

この11月で9周年を迎えるHKT48だが、立ち上げメンバーである1期生がまだ7人も在籍している(現在、IZ*ONE専任となっている宮脇咲良を含めれば8人)。これだけたくさんの初期メンバーが長期間、活動しつづけているというのは48グループだけでなく、アイドルグループとしても極めて異例のことである。

普通、初期メンバーがたくさん残っているとグループ内の風通しが悪くなりそうなものだが、HKT48はそういう状況には陥っていない。そもそもCDデビュー時にセンターを張ったのが2期生の田島芽瑠、という「掟破り人事」が行われてきたこともあり、すでに4期生までのすべての期からセンターが誕生している。

こうなると逆に1期生の士気が下がってしまいかねないが、そうならないのもHKT48の特徴である。

「それはさしさん(指原莉乃)が作ってくれた環境ですよ。自分の立ち位置は関係ないから、とにかくセンターを支えなさいって。センターの座を巡ってバチバチしても仕方がないって教えられてきたから、誰がセンターでも、後輩がセンターでも変な感じにならないでグループがひとつになれる」(村重杏奈)

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事