FOLLOW US

UPDATE|2020/10/22

“ブレイクへの道”桃月なしこが振り返る初めてのコスプレ「『けいおん!』あずにゃんが転機に…」

桃月なしこ

コスプレイヤー、女優、モデルなど幅広く活躍している桃月なしこ。11月11日には、1st写真集の発売も決定し勢いに乗る今、改めてコスプレイヤーとして活動し始めた“原点”について話を聞いた。

【写真】スリットも美しい、桃月なしこの可愛すぎるチュン・リーのコスプレ姿

——桃月さんは、高校3年生の頃にコスプレをご友人に勧められ始めたそうですが、それ以前からコスプレへの興味は?

桃月 メチャメチャありました。ただコスプレの衣装って値が張るんですよね。ウィッグからつま先までそろえると簡単に万を超えるんです。この頃はバイトもしていたのですが、漫画・アニメが大好きでグッズや本の方に回しているとどうしても衣装までは手が伸びなくて(苦笑)。加えて世間がまだコスプレに対してどこか偏見の目を持っていて、私の両親もゲーマーなのにコスプレは嫌いだったりと、どうしても周囲に話しづらい環境で……。なので友人がコスプレのイベントに誘ってくれて衣装も貸してくれるとなったときはやったー! でした。

——初のコスプレイベント参加の感想はいかがでした?

桃月 好意的に見てもらえました。ただ、知らない人にカメラで撮られるという文化に衝撃を受けてしまい、自分には合わないかも……と、一度イベントからは離れました。次に参加するまで1年ほど時間が空きましたね(苦笑)。

——もう一度イベントに参加するキッカケはあったのですか?

桃月 友人と遊びの撮影をやっていたのですが、可愛い衣装を着ると、どうしても多くの人に見てもらいたいという承認欲求が沸々と湧いてきて(笑)。それならイベントにもう一度行くしかない! って。そうしたら、私のことをカメラに撮ってくれる人が1回目のときよりメチャクチャ増えて。それからは、平日は仕事、週末はイベントの繰り返しの日々。ある日のイベントで『けいおん!』のあずにゃんのコスプレをしたところ、有名なカメコさんが撮ってくださって。Twitterにあげると、一気にいろんな方がリツイートしてくださって。コスプレを始めたばかりの頃は3桁ぐらいのフォロワーさんが、気が付いたら1万人以上に増えていて。もうそこからは何がなんだか(笑)。

AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事